トップ > 医療・福祉 > 薬事・衛生・感染症 > 感染症 > 感染症情報トップ > 疾患別
感染症情報トップ
対象疾患一覧
疾患別
カレンダー
感染症 週報
グラフ一覧

流行性角結膜炎
報告基準発生推移グラフ島根県データ表示全国データ表示この疾患に関する情報
≪報告基準≫
2006年4月1日改正

30 流行性角結膜炎

(1)定義
 アデノウイルス8、19、37、4型などによる眼感染症である。
(2)臨床的特徴
 約1〜2週間の潜伏期の後、急性濾胞性結膜炎の臨床症状を示して発病する。結膜の浮腫 や充血、眼瞼浮腫が強く、流涙や眼脂を伴う。耳前リンパ節の腫脹と圧痛を来す。角膜には び慢性表層角膜症がみられ、異物感、眼痛を訴えることがある。偽膜を伴うことも多い。発 病後2〜3週間で治癒することが多い。
(3)届出基準
ア 患者(確定例)
 指定届出機関の管理者は、当該指定届出機関の医師が、(2)の臨床的特徴を有する者を 診察した結果、症状や所見から流行性角結膜炎が疑われ、かつ、(4)により、流行性角結 膜炎患者と診断した場合には、法第14条第2項の規定による届出を週単位で、翌週の月曜 日に届け出なければならない。
イ 感染症死亡者の死体
 指定届出機関の管理者は、当該指定届出機関の医師が、(2)の臨床的特徴を有する死体 を検案した結果、症状や所見から、流行性角結膜炎が疑われ、かつ、(4)により、流行性 角結膜炎により死亡したと判断した場合には、法第14条第2項の規定による届出を週単位 で、翌週の月曜日に届け出なければならない。
(4)届出のために必要な臨床症状(下記のうち2つ以上)
ア 重症な急性濾胞性結膜炎
イ 角膜点状上皮下混濁
ウ 耳前リンパ節腫脹・圧痛

島根県感染症情報センター