トップ > 医療・福祉 > 薬事・衛生・感染症 > 感染症 > 感染症情報トップ > 週報
感染症情報トップ
対象疾患一覧
疾患別
カレンダー
感染症 週報
グラフ一覧

前週へ 島根県感染症情報(週報) 2017年 第40週 (10/2〜10/8) 次週へ
県内情報(概況)島根県定点報告数全国定点報告数全数把握疾患(全国)
⇒ 印刷用PDF版
1)全数報告感染症(1〜5類感染症) [ ]は無症状病原体保有者を再掲
 結核が3件[2](松江圏域)報告されています。
2)定点報告5類感染症( )内数字は、週の定点当り患者報告数
○感染性胃腸炎 :県内全域(3.9)の患者報告数はやや増加しています。松江圏域(6.6)、大田圏域(6.0)、出雲圏域 (5.4)および益田圏域(1.3)で患者発生報告があります。手洗いの励行をし、食品の取扱いに注意 しましょう。
○RSウイルス感染症 :県内全域(3.6)の患者報告数は減少傾向です。出雲圏域(10.0)で定点当り5.0人を超える流行となっ ています。松江圏域(2.4)および浜田圏域(2.3)でやや流行しているほか、隠岐圏域を除く各圏域 で患者発生報告があります。例年、乳幼児を中心に冬季に向けて流行する疾患として注意が必要 です。
○A群溶連菌咽頭炎 :県内全域(2.0)の患者報告数はやや増加しています。松江圏域(4.1)および隠岐圏域(4.0)でやや 流行しているほか、益田圏域を除く各圏域で患者発生報告があります。
○手足口病 :県内全域(1.5)の患者報告数はほぼ横ばいです。雲南圏域(4.0)で警報レベル終息基準値(2.0)を 超える流行となっています。浜田圏域(2.7)および出雲圏域(2.4)でやや流行しているほか、隠岐 圏域を除く各圏域で患者発生報告があります。
○流行性耳下腺炎 :県内全域(0.5)の患者報告数は減少しています。出雲圏域(1.8)でやや流行しているほか、大田圏 域(0.5)および松江圏域(0.3)で患者発生報告があります。
○ヘルパンギーナ :県内全域(0.3)の患者報告数はほぼ横ばいです。松江圏域(0.6)、雲南圏域(0.5)および出雲圏域 (0.2)で患者発生報告があります。
○無菌性髄膜炎 :出雲圏域(1.0)の基幹病院定点で患者発生報告があります。
3)主な病原体の分離状況等
○感染性胃腸炎 :ノロウイルスGU、パレコウイルス1型が検出されています。
○手足口病 :コクサッキーウイルスA6型が検出されています。
○ヘルパンギーナ :コクサッキーウイルスA6型,A10型が検出されています。
○熱性疾患 :RSウイルス、ライノウイルス、コクサッキーウイルスA6型,A10型が検出されています。
○肺・気管支炎 :RSウイルス、ヒトメタニューモウイルス、ライノウイルスが検出されています。
主な感染症の流行状況
疾患名全県東部中部西部隠岐
感染性胃腸炎横這横這横這 横這報告なし×
RSウイルス感染症減少減少減少 横這報告なし×
A群溶連菌咽頭炎横這横這横這 横這横這
手足口病横這横這横這 横這報告なし×
流行性耳下腺炎減少横這減少 横這報告なし×
ヘルパンギーナ減少横這横這 横這×報告なし×
記号の説明
◎:流行、○:やや流行
△:散発、×:患者発生なし

過去4週の流行の推移
急増:急増 増加:増加傾向
急減:急減 減少:減少傾向
横這:横這 報告なし:報告なし
感染性胃腸炎発生推移グラフ RSウイルス感染症発生推移グラフ A群溶連菌咽頭炎発生推移グラフ 手足口病発生推移グラフ 流行性耳下腺炎発生推移グラフ ヘルパンギーナ発生推移グラフ
凡例
推移グラフ一覧
島根県感染症情報センター アクセスカウンター アクセスカウンター