トップ > 医療・福祉 > 薬事・衛生・感染症 > 感染症 > 感染症情報トップ > 疾患別
感染症情報トップ
対象疾患一覧
疾患別
カレンダー
感染症 週報
グラフ一覧

インフルエンザ
報告基準発生推移グラフ島根県データ表示全国データ表示インフルエンザ情報
≪報告基準≫
2011年7月29日改正、2011年9月5日施行

28 インフルエンザ(鳥インフルエンザを除く)

(1)定義
 インフルエンザウイルス(H5又はH7亜型以外のもの)の感染による急性気道感染症である。
(2)臨床的特徴
 上気道炎症状に加えて、突然の高熱、全身倦怠感、頭痛、筋肉痛を伴うことを特徴とする。
 流行期(我が国では、例年11月〜4月)にこれらの症状のあったものはインフルエンザと 考えられるが、非流行期での臨床診断は困難である。合併症として、脳症、肺炎を起こすこ とがある。
(3)届出基準(インフルエンザ定点における場合)
ア 患者(確定例)
 指定届出機関(インフルエンザ定点)の管理者は、当該指定届出機関の医師が、(2)の臨床的特徴を有する者を 診察した結果、症状や所見からインフルエンザが疑われ、かつ、1 のすべてを満たすか、1 のすべてを満たさなくても 2を満たすことにより、 インフルエンザ患者と診断した場合には、法第14条第2項の規定による届出を週単位で、翌週の月曜日に届け出なけれ ばならない。
イ 感染症死亡者の死体
 指定届出機関の管理者は、当該指定届出機関の医師が、(2)の臨床的特徴を有する死体 を検案した結果、症状や所見から、インフルエンザが疑われ、かつ、1 のすべてを満たすか、1 のすべてを満たさなくても 2を満たすことにより、 インフルエンザにより 死亡したと判断した場合には、法第14条第2項の規定による届出を週単位で、翌週の月曜 日に届け出なければならない。
 1 届出のために必要な臨床症状(4つすべてを満たすもの)
ア 突然の発症
イ 高熱
ウ 上気道炎症状
エ 全身倦怠感等の全身症状
 1 届出のために必要な検査所見
検査方法検査材料
迅速診断キットによる病原体の抗原の検出 鼻腔吸引液、
鼻腔拭い液、
咽頭拭い液
(4)届出基準(基幹定点における場合)
ア 入院患者
 指定届出機関(基幹定点)の管理者は、当該指定届出機関の医師が、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、 症状や所見からインフルエンザが疑われ、かつ、(3)1 のすべてを満たすか、(3)1のすべてを満たさなくても (3)2を満たすことにより、 インフルエンザ患者と診断した患者のうち、入院をしたものについて、法第14条第2項の規定による届出を週単位で、 翌週の月曜日に届け出なければならない。

島根県感染症情報センター