トップ > 医療・福祉 > 薬事・衛生・感染症 > 感染症 > 感染症情報トップ > 年報
感染症情報トップ
対象疾患一覧
疾患別
カレンダー
感染症 年報
グラフ一覧

2015(H26)年 <  2016(H28)年 年報  > 2017(H29)年
目次I.概要II-1.発生状況の解析と評価II-2.定点把握疾患発生状況III.検査情報

2016(平成28)年 島根県感染症発生動向調査報告(年報)

T感染症発生動向調査事業の概要
1.感染症発生動向調査の概略
2.対象感染症
3.感染症発生動向調査指定届出(定点)医療機関
U感染症患者情報
1.2016(平成28)年の感染症発生状況の解析と評価
1)全数把握疾患の発生状況
表1.全国ブロック別報告数
表2.全国及び島根県月別報告数
表3.島根県2次医療圏域別報告数
表4.年次推移
2)県内の結核の発生状況
3)インフルエンザ定点把握疾患
4)小児科定点把握疾患
5)眼科定点把握疾患
6)基幹病院定点把握疾患(週報)
表5.年次別発生状況(島根県)
表6.年次別報告患者数(地区別)
表7.地区別報告患者数(全県)
表8.月別報告患者数(全県)
表9-1.月別報告患者数(島根県 東部)
表9-2.月別報告患者数(島根県 中部)
表9-3.月別報告患者数(島根県 西部)
表9-4.月別報告患者数(島根県 隠岐)
表10.年齢別患者数の分布
7)性感染症(STD)定点把握疾患の発生状況(月報)
8)基幹病院定点把握疾患の発生状況(月報)
表11.性感染症の年次別患者数
表12. 表13.性感染症定点報告
表14. 表15.基幹病院定点報告
表16.基幹病院定点 圏域別年次別
9)島根県感染症発生動向調査の精度評価
2.定点把握対象五類感染症(週報)発生状況
1)インフルエンザ定点把握疾患
(1)インフルエンザ
2)小児科定点把握疾患
(1)RSウイルス感染症
(2)咽頭結膜熱
(3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

(4)感染性胃腸炎
(5)水痘
(6)手足口病
(7)伝染性紅斑
(8)突発性発しん
(9)百日咳
(10)ヘルパンギーナ
(11)流行性耳下腺炎

3)眼科定点把握疾患
(1)急性出血性結膜炎
(2)流行性角結膜炎
4)基幹定点把握疾患(週報)
(1)細菌性髄膜炎
(2)無菌性髄膜炎
(3)マイコプラズマ肺炎
(4)クラミジア肺炎
(5)感染性胃腸炎(ロタウイルス)
V検査情報
1.病原微生物検出情報
1)ウイルス検査
(1)疾患別ウイルス分離状況
(2)月別ウイルス分離状況
(3)材料別ウイルス分離状況
(4)地域別ウイルス分離状況
 表18.疾患別ウイルス分離状況
 表19.月別ウイルス分離状況
 表20.主な検体から検出されたウイルス
 表21.地区別ウイルス分離時期
 表22.年次別ウイルスの推移
 表23.主な疾患から検出されたウイルス
2)細菌検査
(1)島根県におけるSalmonellaの検出状況
(2)病原菌検出状況調査(医療機関検出分)
(3)病原体定点病原菌検査状況
2.感染症流行予測調査
1)豚における日本脳炎ウイルスHI抗体保有調査

島根県感染症情報センター