• 背景色 
  • 文字サイズ 

愛媛県久万高原町他への視察研修を行いました

 917日(火)から18日(水)にかけて、斐伊川流域林業活性化センター主催により愛媛県久万高原町、高知県香美市への視察研修が実施され、市町・森林組合等22名の参加がありました。

 久万高原町では、産官学が一体となり、林業日本一のまちづくりをキャッチフレーズに「林業成長産業化地域構想」が策定されています。また、久万広域森林組合においては、施業継続が困難な民有林を森林組合が集約化、事業化することで森林所有者への利益還元と安定的な素材生産量の維持に繋げており、国が想定する自治体のモデルケースとして全国から注目されています。参加者は久万高原町職員の話に熱心に耳を傾け、情報収集に努めておられました。

 参加者からは、「集約化施業の団地の設定方法が参考になった」、「林業のICT化が参考になった」等多数の意見の他、「新たな森林管理システムや譲与税など新しい制度の中で実践的な取り組みを行っている自治体があれば話を聞いてみたい」など今後の視察に向けた提案をいただきました。

製材所視察

久万広域森林組合製材工場視察の様子

 

路網開設現場の視察

香美森林組合による路網開設現場にて

 


2019年9月19日

林業担い手確保に向けた意見交換会が開催されました!

 東部農林振興センターでは「林業事業体の体質強化と林業就業者の増員プロジェクト」を進めています。その一貫として、8月22日(木)林業会館において林業の担い手確保に向け意見交換会を開催しました。意見交換会には高校、市町、県、農林大学校、島根県林業労働力確保支援センター、NPO法人もりふれ倶楽部から16名の参加がありました。

 当センターからは県内の林業担い手の現状と確保対策、農林大学校からは就学内容や定員増について、林業労働力確保支援センターからは就学助成制度と林業体験研修について情報提供を行いました。もりふれ倶楽部からは東部地域の高校を対象にした森林・林業体験研修の事例紹介がありました。

 意見交換では、「担い手確保に向けた高校生の体験研修等に森林環境譲与税等を有効に活用すべき」などの提案や、高校からは「もりふれ倶楽部の事例を参考に取り組みを検討したい」、「農林大学校での資格取得が多いことに驚いた」などの感想がありました。

 今後、当センターでは、林業担い手確保に向け、東部地域の高等学校を対象に農林大学校への進学を促進するため個別訪問等を行う予定です。

意見交換会

活発な意見交換の様子

 

農林大学校

農林大学校の紹介

 


2019年8月23日

海の日に海岸防災林の清掃活動が実施されました

7月15日(月・海の日)に長浜地区自治協会が外園海岸の清掃活動を実施しました。当日は約4kmの海岸線を地元住民をはじめ、企業、ボーイスカウト、中学生等、多数の参加者が漂着物の回収等清掃を行いました。対象区域の中には島根県が海岸防災林造成事業で整備した区域を含んでおり、「ハートフルしまね」制度により活動経費の一部を助成します。

 

開会式

 

開会式の様子

 

清掃活動

 

 清掃活動の様子


2019年8月1日

本格的な梅雨時期を前に関係機関合同で治山施設のパトロールを行いました

6月28日(金)、松江市西谷町、東長江町及び秋鹿町において島根県(東部農林振興センター、松江県土整備事務所)、松江市、県山地防災ヘルパー協議会の関係者15名が合同で「一斉地域の森パトロール」を行い、山地災害の未然防止や危険箇所の早期発見に向けた治山施設の点検に併せ、施設近隣の方にチラシを配布し「日頃からの備え」と「万一の際の早めの避難」を呼びかけました。

 

早期避難の働き掛け

 

 施設隣接住民への早期避難等の働き掛け

 

点検状況

 

 法枠工の点検状況


2019年7月31日

公共建築物の木造化・木質化の推進に向けた研修会が開催されました!

 7月18日(木)県松江合同庁舎講堂において、公共建築物の木造化・木質化へ向け地域材をより一層活用していただくことを目的として標記研修会が開催されました(主催:斐伊川流域林業活性化センター)。

 研修会には行政・製材所・建築士などの分野から87名が出席し、関心の高さがうかがえました。基調講演では株式会社教育環境研究所所長の長澤悟氏から、「地域木材を学校建設に活用することは経済や環境など多面的意義がある」といった内容についてお話しいただきました。

 また、地元製材所から県内の木材を活用した学校建築に向けた取り組みの事例発表、島根県中山間地域研究センター研究員からは一般流通材を活用した中大規模建物の実現可能性についての研究報告が行われました。

 研修会の後半には、地域材を公共建築物に活かすための具体的手法についてのワークショップが行われ、参加者からは、子どもを対象にした教育の実施や、注文に対して迅速に対応できるよう地域木材の情報整理を行うべき、など多様な意見や提案が出されました。

 本研修会を通じて、木造化・木質化に向けた流域ネットワークづくりや次への展開につながることを大いに期待しています。

基調講演

長澤悟講師による基調講演

 

意見交換

ワークショップにおける活発な意見交換の様子

 


2019年7月22日



お問い合わせ先

東部農林振興センター

島根県東部農林振興センター 
  〒690-0011 島根県松江市東津田町1741-1
  TEL: 0852-32-5638/FAX: 0852-32-5643
  e-mail: tobu-noshin@pref.shimane.lg.jp

 ****************************************
  松江農業普及部安来支所(島根県安来市穂日島町303)
  松江家畜衛生部(島根県松江市東出雲町錦浜474-2)
  出雲家畜衛生部(島根県出雲市神西沖町918-4)
  雲南事務所(島根県雲南市木次町里方531-1)
  出雲事務所(島根県出雲市大津町1139)