• 背景色 
  • 文字サイズ 
前月2019年11月次月
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページ一覧

安全パトロールが実施されました

 10月29日(火)に安来市広瀬町布部地内において、林業木材製造業労働災害防止協会島根県支部安来地区協議会が、広葉樹の伐採地で安全パトロールを実施されました。

 パトロールは、同地区協議会員3名、松江労働基準監督署1名、東部農林振興センター1名で実施し、伐採地で作業中のしまね東部森林組合職員と、作業における留意事項等について、確認が行われました。

 

安全確認

伐採地での安全確認

 

積込作業

伐採木の積込作業の様子

 


2019年11月11日

さんいん環境キャンペーン2019「森林保全活動」が行われました

 10月26日(土)『山陰中央新報社』による「森林保全活動」が行われました。この活動は山陰の美しい自然環境を守り、伝えることを目的に山陰中央新報社が提唱する「さんいん環境キャンペーン」の一環で、島根県のみーもの森作り事業を活用して行われています。

当日は新聞による一般募集に応募した方や同社社員ほか合計140人が、松江市東長江町にある東長江町共有林組合の山林に、クヌギ、コナラなど計600本を植栽しました。

今後も年0.3ha~0.4ha程度の植林活動を継続して森林整備を図り、森林の再生はもとより森林保全の重要性を伝えていく活動が展開されます。

 

※みーもの森づくり事業は県民自らが企画・立案し実行することを原則とした植栽活動や県産材利用、森林環境学習を行う事業です。

 

横断幕を掲げる参加者(みーもくんを添えて)

記念撮影の様子

 

森林組合より植栽指導を受ける親子

植樹活動の様子

 

 


2019年11月7日

野鳥判別研修会が開催されました

 10月17日(木)に島根県松江合同庁舎において、公益財団法人しまね自然と環境財団の星野由美子氏を講師に迎え、野鳥判別についての研修会が開催されました。

 当研修会はNPO法人しまね野生鳥獣救護ボランティアが主催し、県内の野生鳥獣行政に携わる職員や同ボランティア会員25名が参加しました。

 研修会ではこれから増加する渡り鳥の飛来に備え、種判別が難しいカモ類と猛禽類中心に判別のポイントや、観察に必要な道具の正しい使い方について学びました。

 参加者からは「県内では冬から春にかけて渡り鳥の傷病対応や高病原性鳥インフルエンザ対応が増加していく中、基本を学び直す良い機会になった」との声もあり、有意義な研修会となりました。

 

星野氏鳥獣判別のポイントなどを解説

星野氏(公益財団法人しまね自然と環境財団)

 

脇を締めて双眼鏡を構える参加者

双眼鏡の正しい使い方について学ぶ参加者

 


2019年10月30日

高性能林業機械オペレーター技術向上研修が開催されました

 10月15日(火)斐伊川流域林業活性化センターと斐伊川流域納材協議会との共催で、講師に中国林機有限会社の住田氏他3名を迎え、雲南市の入間交流センター及び近隣の伐採現場で高性能林業機械オペレーター技術向上研修が開催されました。

 今回の研修は、現場作業員が現地に適した作業システムを選択し、効率的に機械を操作することで、原木生産コストの削減につなげることを目的としたものです。研修では、スイングヤーダのメンテナンスと集材方式について学ぶとともに、ドローンを使用した作業の省力化につながる実演が行われました。さらに、全国的にも珍しいVRシミュレーターを用いた労働災害事例の疑似体験も行われました。

 参加者からは「VRやドローンなど、林業への先進技術の可能性の広がりに驚かされた」「実践的な内容だった。明日から早速活用したい」「地域にあった索張り方式を選定するためには、より一層索張りパターンについて技術の習得が必要と感じた」など多くの意見があり、大変充実した研修となりました。

住田氏

スイングヤーダを用いた索張り手法の解説

 

VR体験

VR体験。仮想現実と分かっていても思わず体がのけぞる

 

ドローン

ドローンを用いたリードロープ張りの様子

 


2019年10月16日

新製品開発に向けた研修会が開催されました。

 10月8日(火)に島根県林業会館において、公益財団法人西部山村振興財団専務理事の隅田新氏他2名を講師に迎え、広葉樹の用材利用についての研修会が斐伊川流域林業活性化センター主催で開催されました。

 最初に、島根県大阪事務所職員から「京阪神方面における木材製品ニーズ」と題して、大阪方面への島根県産材活用の実態や、外構材やリフォーム、家具といった広葉樹活用の需要トレンド、また姉妹都市における木材交流の提案など情報提供がありました。

 次に、隅田新氏から「広葉樹材を活用するための財団の設立経緯や商品開発の実情、独自ブランド「HamadaWoods」の紹介などについて事例紹介がありました。

 続いて、島根県東部農林振興センター出雲事務所職員から、「広葉樹材の乾燥について」と題し、製品生産において一番の課題である乾燥技術について、岐阜県の製材乾燥工場で実際に使われている乾燥方法の紹介や広葉樹乾燥における注意点などについて技術情報の提供がありました。

 参加した市町職員からは、「姉妹都市との交流の一環としての木材交流の話はとても参考になった」「森林環境譲与税の使い向きを考える際の良いヒントをいただいた」「設計士・デザイナーとの連携により販路の開拓や木材利用につながる点は今後参考にしてみたい」などの感想がありました。

 また参加された製材所と大阪の工務店との顔合わせの話が研修終了後にまとまるなど、実のある研修会となりました。

 

杉本氏

杉本氏(島根県大阪事務所しまね産品振興スタッフ)

 

隅田氏

隅田氏(公益財団法人西部山村振興財団)

 

中山氏

中山氏(島根県東部農林振興センター出雲事務所)

 


2019年10月9日



お問い合わせ先

東部農林振興センター

島根県東部農林振興センター 
  〒690-0011 島根県松江市東津田町1741-1
  TEL: 0852-32-5638/FAX: 0852-32-5643
  e-mail: tobu-noshin@pref.shimane.lg.jp

 ****************************************
  松江農業普及部安来支所(島根県安来市穂日島町303)
  松江家畜衛生部(島根県松江市東出雲町錦浜474-2)
  出雲家畜衛生部(島根県出雲市神西沖町918-4)
  雲南事務所(島根県雲南市木次町里方531-1)
  出雲事務所(島根県出雲市大津町1139)