• 背景色 
  • 文字サイズ 

<鳥獣保護に関すること>

 

鳥獣保護管理事業計画、第一種特定鳥獣保護計画、第二種特定鳥獣管理計画

 鳥獣保護管理事業計画は、鳥獣の保護及び管理を目的とする鳥獣保護管理事業を実施するため、環境大臣が定める基準に従って県知事が策定する計画です。野生鳥獣の生息環境を保全するためには、長期間にわたって計画性をもった鳥獣保護管理政策を積極的に推進していくことが必要です。現在、第12次鳥獣保護管理事業計画(計画期間:平成29年4月1日から平成34年3月31日まで)に基づき、計画の適切な実行に努めています。
第一種特定鳥獣保護計画及び第二種特定鳥獣管理計画は、生息環境の悪化や分断等により地域個体群として絶滅の恐れが生じている鳥獣、生息数の著しい増加又は生息地の範囲の拡大により農林水産業被害等の深刻化や自然生態系の攪乱を引き起こしている鳥獣を対象として保護又は管理の目標を設定し、計画的な保護又は管理を推進し、地域個体群の長期にわたる安定的な保護管理を図ることにより、人と鳥獣の適切な関係の構築に資することを目的として県知事が策定する計画です。本県では、ツキノワグマについて第一種特定鳥獣保護計画を、イノシシ及びニホンジカについて第二種特定鳥獣管理計画を策定しています。

 

 ●第12次鳥獣保護管理事業計画の概要(PDFファイル:95KB)

 ●第12次鳥獣保護管理事業計画(平成29年3月策定)(PDFファイル:580KB) 

 ●特定計画の概要(PDFファイル:146KB)

 ●第二種特定鳥獣(イノシシ)管理計画(平成29年3月策定)(PDFファイル:1380KB)

 ●第二種特定鳥獣(ニホンジカ)管理計画(平成29年3月策定)(PDFファイル:1711KB)

 ●第一種特定鳥獣(ツキノワグマ)保護計画(平成29年3月策定)(PDFファイル:1753KB)

 ●ツキノワグマの保護管理について

 

 

鳥獣保護区等の指定状況

傷ついた野生鳥獣を見つけたら

 

 

死亡した野鳥を見つけたら・野鳥との接し方

 

 

令和元年度ガンカモ類生息調査(主要地域)結果

 ガンカモ類(ガン類、カモ類、ハクチョウ類)の冬期の生息状況を把握し、鳥獣行政に必要な資料とすることを目的としています。

 環境省の依頼により島根県が一部を公益財団法人ホシザキグリーン財団に委託し、日本野鳥の会島根県支部、鳥獣保護員の協力を得て、全国一斉に実施しています。

 ※主要地域・・・中海、宍道湖、能義平野、神西湖、神戸川、高津川、蟠竜湖

 ※平成4年度以降の調査結果も掲示しています。

 

 

愛鳥モデル校の指定について

 野鳥愛護活動により自然とのふれあいの大切さを学び、また鳥獣保護思想の高揚を図るため愛鳥モデル校を指定し、鳥獣保護員等を通じて積極的に活動を支援します。

 島根県内の小中学校で、愛鳥モデル校に興味がある学校は、本ページの下部に掲載している連絡先にご連絡ください。

 ●愛鳥モデル校一覧

 ●愛鳥モデル校取組み事例

 

 

愛鳥週間ポスター図案コンクール

 例年、愛鳥週間(5月10日から5月16日まで)用ポスター原画募集の全国コンクールにあわせて、県コンクールを実施しています。

 

 ●今年度の募集はこちらをご覧ください。

 

 ●県コンクールの結果についてはこちらをご覧ください。

 

 ●全国コンクールの結果についてはこちらをご覧ください。

 

野鳥観察会

 自然の中で、あるがままの野鳥の姿を観察したり、声を聞いたりする集いを通じて、県民の野生鳥類に対する保護思想の普及を図るため、野鳥観察会を実施します。

 令和元年度1回目の野鳥観察会は、令和元年11月3日(日)松江城山公園で実施しました。

 令和元年度2回目の野鳥観察会は、令和2年1月26日(日)出雲大社で実施しました。

 

 ●過去の野鳥観察会の実施状況

 

鳥獣の飼養、販売等について

 違法に野生鳥獣を捕獲、飼養等することは禁止されています。飼養等する場合は許可必要です。

 なお、メジロの飼養等及びヤマドリの販売については、市町村の許可が必要です(権限移譲)。

 ・鳥獣の飼養登録申請書(様式第5号)

 ・上記飼養登録個体の譲受け等の届出(様式第6号)

 ・販売禁止鳥獣等の販売許可申請書(様式第8号)

 


お問い合わせ先

農林水産総務課鳥獣対策室

島根県 農林水産部 農林水産総務課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
・鳥獣対策室(野生鳥獣の保護管理・農林作物などへの被害防止対策、狩猟など)
TEL:0852-22-5160
FAX:0852-22-5967
E-mail(鳥獣対策室):choju@pref.shimane.lg.jp