• 背景色 
  • 文字サイズ 

猛毒のあるヒョウモンダコにご注意ください。

 平成24年6月、島根町多古地先でヒョウモンダコが確認され、島根県水産課が報道発表しました。

 また、平成26年4月に、隠岐の島町内でもヒョウモンダコが確認されております。

 このタコは、主に日本からオーストラリアの熱帯・亜熱帯域に生息する小型の美しいタコで、唾液には神経毒であるテトロドトキシンを持ち、咬まれると呼吸困難を起こす危険な生物であるとのことです。

 もし、見かけた場合には、絶対に素手で触らないようにしてください。

 また、下記連絡先まで情報提供(見つけた日時、場所等)をお願いします。

 [連絡先]島根県農林水産部水産課漁場環境・内水面グループ

 TEL0852-22-5323FAX0852-22-5929

 ヒョウモンダコに関する島根県水産課からの情報提供(写真付き)

ヒョウモンダコとは

 日本からオーストラリアにかけての西太平洋熱帯域・亜熱帯域に分布し、浅い海の岩礁、サンゴ礁、砂と小石混じりの海底に生息しています。

 大きさは10センチ程度の小型のタコで、刺激を受けると青い斑紋が見えることが特徴です。

 このタコの唾液の中には、フグ毒として有名な猛毒のテトロドトキシンが含まれています。

 国内では、2011年に愛媛県で男性が咬まれ入院した事例があります。海外では死亡事例もあります。

 近年、九州北部や兵庫県等の日本海側でも報告事例があり、その生息域が北上しているようです。

 

ヒョウモンダコ写真
ヒョウモンダコ

 

 


お問い合わせ先

隠岐支庁隠岐保健所

〒685-8601 島根県隠岐郡隠岐の島町港町塩口24  
電話番号 08512-2-9701(代表) 総務医事課につながります。
用件により各課にお取り次ぎします。
夜間及び休日 08512-2-9695(隠岐支庁受付)
ファクシミリ 08512-2-9716
電子メール  oki-hc@pref.shimane.lg.jp