• 背景色 
  • 文字サイズ 

食品の営業許可について

飲食店検討中飲食店営業・魚介類販売業など食品衛生法で定められた下表の34業種について営業を行う場合、あらかじめ保健所長の許可を得なければ営業することはできません。

この許可を得るためにはそれぞれの業種にあった専用の施設が必要となります。

 その「専用の施設」の基準は島根県食品衛生法施行条例別表2で定められています。

 また、同条別表1で公衆衛生上講ずべき措置の基準が定められています。

営業許可を取るには?

 これから新たに許可を取得して営業する方は、具体的に何を製造・販売したいか明確にした上、店舗図面をもって保健所まで相談に来てください

 特に新築・改築を予定されている方は、施設完成後の検査で基準に合致していないとなると、新たな改造費用が必要になるので、施工前に必ず保健所まで相談に来てください

手続きの流れ

開店計画

保健所への事前相談・調理場等の図面確認

(※改善を要する場合は、修正後再相談)

基準合致が確認された場合

着工

申請書作成・保健所提出

工事完成

保健所による施設検査

(※改善を要する場合は、改造工事)

基準合致が確認された場合

許可証発行

開店

許可手続きにあたって必要な書類等

1.営業許可申請書 ワード形式
許可申請にかかる必要書類
2.施設の大要 ワード形式
3.図面 ワード形式
4.食品衛生責任者設置(変更)届 ワード形式
5.申請手数料(県証紙) 手数料一覧

営業許可を取ってからは…

許可取得後に変更等生じた場合には保健所に各種届出が必要です。

屋号、施設の内容などに変更が生じた場合

許可取得後に次の事項に変更が生じた場合速やかに該当する届出を提出してください。

なお、次のような場合には、営業許可申請事項変更届の提出が必要です。

  • 営業者の住所
  • 法人の場合の代表者氏名
  • 屋号
  • 店内の設備の変更(大規模な変更の場合、あらためて許可申請が必要になる場合があります。)

※営業者が変わった場合、新規許可の取扱いになりますが、営業者個人が死亡したり、法人が合併・分割・吸収された場合、営業の地位を承継することができますので、詳しくは保健所にご相談ください。

営業許可申請事項変更届 ワード形式
各種届出様式
相続による地位承継の届出

ワード形式

相続に関する同意書の例示 ワード形式
法人の合併・分割・吸収による届出 ワード形式

■営業を廃止した場合

営業の廃止(休止、再開)届 ワード形式
営業を廃止した場合はすみやかに「営業の廃止届」を提出してください。

 

■許可証を紛失した場合

営業許可証再交付申請書 ワード形式
営業許可証を紛失等した場合は「許可証再交付申請書」を提出してください。

集団給食施設の開設届について

学校給食

集団給食施設の開設について(届出) ワード形式
営業以外の場合で学校、病院その他の施設において継続的に不特定又は多数の者に食品を供与する場合は「集団給食施設の開設届」を提出してください。
施設の大要 ワード形式
図面 ワード形式

 集団給食施設を廃止した場合は廃止届(ワード形式)を提出してください。

営業許可等に関する問い合わせ先

その他詳しい手続き等は保健所まで確認ください。

問い合わせ先:隠岐保健所環境衛生課TEL:08512-2-9715


お問い合わせ先

隠岐支庁隠岐保健所

〒685-8601 島根県隠岐郡隠岐の島町港町塩口24  
電話番号 08512-2-9701(代表) 総務医事課につながります。
用件により各課にお取り次ぎします。
夜間及び休日 08512-2-9695(隠岐支庁受付)
ファクシミリ 08512-2-9716
電子メール  oki-hc@pref.shimane.lg.jp