• 背景色 
  • 文字サイズ 

鳥インフルエンザの発生及び対応に関する情報

島根県の対応

  • 他県における鳥インフルエンザの発生が確認される度に、県内家きん飼養農場に異常がないことを確認しています。
  • 家きん飼養者に対して飼養衛生管理基準遵守の徹底を指導しています。
  • 鳥インフルエンザの発生に関する情報を県内家きん飼養農場、市町村、関係機関・団体へ情報提供(随時)しています。

なお、鶏卵・鶏肉を食べることにより、鳥インフルエンザが人に感染することは世界的にも報告されておりません。


 

鳥インフルエンザに関する各種相談窓口(お問い合わせ先)です。

 

鳥インフルエンザ危機管理連絡会議

国内での高病原性鳥インフルエンザ発生状況

 

国内における高病原性鳥インフルエンザの発生状況についてお知らせします。

詳細については、農林水産省および各都道府県のHPをご確認ください。

 

国内での発生状況(外部サイト:農林水産省ホームページに移動します。)

 

香川県(外部サイト)

福岡県(外部サイト)

兵庫県(外部サイト)

宮崎県(外部サイト)

奈良県(外部サイト)

広島県(外部サイト)

大分県(外部サイト)

和歌山県(外部サイト)

岡山県(外部サイト)

滋賀県(外部サイト)

高知県(外部サイト)

徳島県(外部サイト)

千葉県(外部サイト)

岐阜県(外部サイト)

鹿児島県(外部サイト)

富山県(外部サイト)

茨城県(外部サイト)

 

 

 

家きん飼養者の皆様へのお願い

家きん飼養者の皆様におかれましては、下記の事項にご注意いただきますようお願いします。

  1. 鶏舎(鳥小屋)への野生動物の侵入防止のためのネット等の設置、点検及び修繕
  2. 鶏舎(鳥小屋)に出入りする際の手洗い及び靴の消毒
  3. 飼養している鳥の状態のこまめな観察、異常発見時の家畜保健衛生所への通報
  4. 鶏舎(鳥小屋)に不特定多数の人を入れない
  5. 鳥インフルエンザに関する最新情報の確認

家きん飼養農家を含む畜産関係者の皆様方におかれましては、改めて飼養衛生管理の徹底や異常家きんの早期発見に万全を期していただくようお願いいたします。飼養衛生管理基準はこちら(外部サイト:農林水産省ホームページに移動します。)

 

 

県民の皆様へのお願い

以下の点について県民の皆様のご協力をお願いします。

養鶏場には近づかないようにお願いします

ウィルスが靴底や車などに付着して、感染を広めるおそれがあります。

農場へのウィルス侵入防止のため、必要のある場合を除き、養鶏場には近づかないようお願いします。

 

死亡野鳥について

同じ場所でたくさんの野鳥が死亡している等、異常な死亡個体を見つけられた場合は、お近くの農林振興センター、市町村役場にご連絡ください。

※野鳥の死亡原因は様々です。エサが取れずに衰弱したり、気候の変化に耐えられずに死んでしまうことや、車や窓ガラスなどに衝突して死んでしまうこともあります。

【詳しくはこちら】

高病原性鳥インフルエンザに関するQ&A

関連リンク


お問い合わせ先

農畜産課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
電話:0852-22-5112
FAX:0852-22-6043
E-mail:nouchikusan@pref.shimane.lg.jp