• 背景色 
  • 文字サイズ 

宍道湖西岸地区大区画ほ場整備に係る営農支援活動報告その1

 宍道湖西岸地区では、出雲市の地元菓子屋や県外の小売・卸売等の実需者からのニーズの高い「小豆」をほ場整備後の土地利用型作物の一つとして位置付け、令和11年度に約140haまで栽培面積を拡大する計画としており、令和元年産は昨年度(2.2ha)の約2倍の4haの作付が予定されています。

 そこで、小豆の栽培管理の徹底を図ることを目的に、宍道湖西岸地区の営農組合及び関係機関を対象とした播種前研修会を7月8日にJAしまね出雲地区本部東部営農センターで開催し、生産者及び関係機関合わせて27名が出席しました。普及部では、研修会の中でこれまで3年間の省力機械化実証を通じて見えてきた課題を整理・共有するとともに、これまでの実証試験で得られた結果を基に栽培指針及び栽培暦を作成し、栽培管理のポイントについて説明を行いました。

今年度は、「湿害対策」及び「雑草対策」を重点に置いて実証ほを設置し、農業・食品産業技術総合研究機構、機械メーカー及び農業技術センター等の協力を得ながら機械化体系の確立を図っていくこととしています。

 

これまでの成果

◎小豆の機械化利用体系(播種+収穫)の確認

◎一発耕起播種機(※)による湿害効果の確認

※)耕起・砕土・播種・施肥が同時に実施できるとともに、土中に空間を形成させることで、湿害軽減が期待される播種機(下写真)

小豆播種機

 

解決すべき課題

◎湿害対策技術の組み合わせによる安定多収栽培体系の確立

◎タデ類等の広葉雑草の除草体系の確立

 

令和元年度の取組

◎地下かんがいシステムと一発耕起播種機による安定多収の確認

◎新規登録除草剤を含めた雑草の防除体系の実証

◎高速畝立播種機による中耕除草体系の実証

研修会の様子出雲産小豆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019年7月30日

宍道湖西岸地区総会で、稼げる農業を実現する事業方針を確認

出雲市の斐伊川下流の左岸地区456haを受益とする「国営緊急農地再編整備事業(宍道湖西岸地区)」は、平成30年度から令和11年度(予定)を工期として計画されており、推進組織である「宍道湖西岸地区農村整備推進協議会」が、「宍道湖西岸サポートセンター」と共に、営農計画に基づく高収益作物の計画的な生産、新たな担い手の育成・確保、組織体制整備等に取り組んでいます。

7月11日、同協議会の第6回通常総会が開催され、生産者と関係機関・団体職員、約100名が出席し、国との約束である成果目標の必達に向けて、関係者一丸となって取り組むことが確認されました。

同協議会では、稼げる農業を実現するための「モノづくり・ヒトづくり・地域づくり」を基本目標とした営農計画を策定し、高収益作物の産地化、担い手の確保・育成、地域活性化や営農推進体制整備等の実現に向けて各種取り組みが続けられています。

総会では、農林水産省中国四国農政局宍道湖西岸農地整備事業所の所長から「宍道湖西岸地区とスマート農業について」と題して、今年度、宍道湖西岸地区内に導入された地下かんがいシステム(フォアス)の説明と、ほ場整備後の労働時間・生産コスト低減に向けた農業のスマート化の必要性について話題提供があり、関係者一同、将来展望の意識共有を図りました。

生産者を主体とし、国、県、市、JA等関係機関・団体が一体となった取り組みが行われていますが、当普及部としては、高収益作物の栽培管理技術の確立と販路確保、営農体制整備を中心とした支援活動を継続して展開していきます。

 

西岸協会長あいさつ農地整備事業所長の話題提供


2019年7月26日



お問い合わせ先

東部農林振興センター

島根県東部農林振興センター 
  〒690-0011 島根県松江市東津田町1741-1
  TEL: 0852-32-5638/FAX: 0852-32-5643
  e-mail: tobu-noshin@pref.shimane.lg.jp

 ****************************************
  松江農業普及部安来支所(島根県安来市穂日島町303)
  松江家畜衛生部(島根県松江市東出雲町錦浜474-2)
  出雲家畜衛生部(島根県出雲市神西沖町918-4)
  雲南事務所(島根県雲南市木次町里方531-1)
  出雲事務所(島根県出雲市大津町1139)