• 背景色 
  • 文字サイズ 

目的別情報

ハローワーク出雲による就労支援

 離職を余儀なくされた長期療養者等に対する専門的な就職支援を実施するため、ハローワーク出雲就職支援ナビゲーターと病院が連携し、がんになっても安心して働き暮らせる社会の構築を目指しています。

 

1.対象者

 がんをはじめとした、長期にわたる治療等のため職業生活上の困難を抱えている求職者

 

2.場所

 ○島根大学医学部附属病がん患者・家族サポートセンター

 毎週木曜10:00〜12:00

 チラシ(PDF)はこちら

 

 ○島根県立中央病がん相談支援センター

 第1、3水曜11:00〜13:00

 

社会保険労務士による就労支援

就労中にがんと診断された患者さんの、治療(入院や通院)や体調の変化に伴って生ずる就労のさまざまな悩みについて、「社会保険労務士」に相談してみませんか。

 

社会保険労務士とは

労働者の福祉の向上のため、治療と就労の両立など労働・社会保険に関する法律や人事・労務管理に関する諸問題の相談に応じる専門家。社会保険労務士法に基づく国家資格者。

 

問い合わせ先

島根大学医学部付属病院

がん患者・家族サポートセンター

TEL/FAX(0853)20-2545

 

島根産業保険総合支援センターによる就労支援

大切な従業員ががんになったとき

事業者のみなさんへ

島根県では、毎年約6,000人が新たにがんと診断されています。男性のおよそ3人に2人、女性の2人に1人ががんになる時代です。

人口減少に直面する島根県では、事業所を支える人材の確保は容易とはいえず、一人ひとりが貴重な人材です。

 

「大切な従業員ががんになったとき」(PDF)

がん治療と仕事の両立において、事業所・従業員の不安が少しでも軽減され、「がんになっても安心して暮らせる社会の構築」のためにも、このリーフレットをご活用下さい。

 

がん対策推進企業アクション(外部サイト)(厚生労働省委託事業)・従業員の就労支援のページ

 

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン(平成28年2月厚生労働省)(PDF:2607KB)

 

 

お問い合わせ先

健康推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務所は松江市殿町2番地 島根県庁第2分庁舎3階にあります)
・疾病療養支援グループ(被爆者対策、肝炎医療費助成、ハンセン病対策、調理師・栄養士免許など)0852-22-5329
・難病支援グループ(指定難病、小児慢性特定疾病など)0852-22-5267
・健康増進グループ(食育、歯科保健、生活習慣病予防、たばこ対策、健康増進など)0852-22-5255
・子育て包括支援スタッフ(母子保健、不妊治療費助成など)0852-22-6130
・医療保険第1グループ(国民健康保険)0852-22-5268
・医療保険第2グループ(保険医療機関及び保険薬局の指導など)0852-22-5624
・がん対策推進室(がん対策の推進及び総合調整)0852-22-6701
FAX 0852-22-6328
Eメール kenkosuishin@pref.shimane.lg.jp