• 背景色 
  • 文字サイズ 

春の妖精「イズモコバイモ」(川本町)

イズモコバイモの花

 

 「イズモコバイモ」は、島根県だけに自生するユリ科の多年草です。

 

 草丈は約15〜20cmで、3月上旬から4月上旬にかけて茎の先から1輪の可憐な白い花を下向きに咲かせます。

 開花、結実の後に、地上部は枯れてしまいます。

 

 このイズモコバイモの群生地がある川本町では、毎年「イズモコバイモ祭り」が行われ、今年は平成31年3月1日(金)〜3月31日(日)の日程で開催されます。

 

 開催期間中の土、日、祝日には地元保護団体の方が自生地を案内してくださいます。また、祭り期間中には学習会や観察会なども開かれます。

 麗らかな日差しの中、春の妖精に会いにでかけてみませんか。

 

 

 ※詳しくは、川本町観光協会(外部サイト)にて、ご確認ください。

 

《お問い合わせ》

 <川本町観光協会>電話:0855-74-2345

 

 みんなで守る郷土の自然「川本町イズモコバイモ自生地」

 

 

イズモコバイモの写真1 イズモコバイモの写真2

  イズモコバイモの群生 イズモコバイモ群生地

 

 

【イズモコバイモ学習会&観察会】

 

 ・開催日:平成31年3月21日(木・祝)、3月24日(日)

 ・時間:11:00〜11:30学習会

 11:30〜現地案内

 ・集合場所:イズモコバイモ群生地付近(※雨天の場合は、谷戸集会所)

 ・講師:島根県三瓶自然館サヒメル学芸員

 

 

 詳しくは、川本町観光協会(外部サイト)にてご確認ください

 

 イズモコバイモ自生地の地図は、こちらをご覧ください。

 

《お問い合わせ先》

 <川本町観光協会>電話:0855-74-2345

 

 

 

 

 淡紫色の花「ユキワリイチゲ」(川本町)

 

 川本町には、「イズモコバイモ」のほかに、「ユキワリイチゲ」の自生地もあります。

 

 ユキワリイチゲは、本州の西部から四国、九州に分布する草丈約10cmの多年草で、山麓の崖や道端の山際などで3月初旬から咲き始めます。淡紫色で可憐な花は大変美しく、訪れた人の目を楽しませてくれます。

 

 ユキワリイチゲは、天気の良い昼の時間帯にしか花が開きません。訪れる際は、天気のよい日中に訪れることをお奨めします。

 

 ユキワリイチゲ自生地の地図は、こちら(川本町ホームページ)(外部サイト)をご覧ください。

 

 みんなで守る郷土の自然「川本町ユキワリイチゲ自生地」

 

 

ユキワリイチゲの写真1 ユキワリイチゲの写真2

  ユキワリイチゲの花  ユキワリイチゲ群生の様子

 

 


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp