• 背景色 
  • 文字サイズ 



12月19日のトピックス(建設産業イメージアップカレンダーほか)

建設産業イメージアップカレンダーが贈呈されました

【県庁301会議室】

記念撮影

〔写真〕みなさんと

 

 「建設産業イメージアップカレンダー2020」を、しまね建設女子魅力向上委員会のみなさんが知事に贈呈されました。これは、建設産業のイメージアップや女性技術者のネットワークづくりを推進するために作成されたものです。

 建築士の川井さんは「カレンダーには、建設業界の女性の働く姿だけでなく、オフショットも載せています。業界に関わりのない人にぜひ見ていただきたいです」と話されました。

 

大田市立高山小学校緑の少年団が全国育樹祭で大会会長賞を受賞

【県庁301会議室】

みなさんと記念撮影

〔写真〕黒石健輔くん(左)、中田沙耶さん(中央)、芝尾伊織さん(右)

 

 大田市立高山小学校緑の少年団が、第43回全国育樹祭において「全国育樹祭大会会長賞」、「みどりの奨励賞(国土緑化推進機構理事長賞)」を受賞し、報告のため県庁を訪れました。

 高山小学校緑の少年団は、絶滅危惧種「ギフチョウ」や「イズモコバイモ」の保護活動や、学校林の竹を使ったおもちゃづくりなどに積極的に取り組んでおり、このことが受賞に繋がりました。メンバーの黒石くん、中田さん、芝尾さんは「発表後の全国のみどりの少年団との交流が印象に残った」と報告。

 知事は「活動内容も発表も立派ですね。みなさんが一生懸命取り組んだからこそいただけた賞ですね」と述べました。

 

「島根あいてぃ達者」を表彰しました

【知事室】

表彰のようす

〔写真〕表彰のようす 

 

佐々木さん

〔写真〕タブレット型端末を使う佐々木さん

 

 「島根あいてぃ達者」は、ITを積極的に活用している高齢者の方を表彰する制度です。この日、今年の「島根あいてぃ達者」に決まった佐々木都支枝さん(81歳)を知事が表彰しました。

 佐々木さんはタブレット型端末を使って料理のレシピを調べたり、地域での活動の様子を撮影してインスタグラムで紹介したりと、日頃からITツールを積極的に活用されています。この日は知事とのツーショット写真をその場でインスタグラムに投稿され「みんなに見られて緊張したけど無事に投稿できてよかった」と話されました。

 知事は「地域で積極的に活動されているので、インスタに投稿する内容も充実していますね」と述べました。

 

(一財)地域活性化センターと連携協定を締結しました

【県庁301会議室】

 椎川理事長

〔写真〕椎川忍理事長

 

 一般財団法人地域活性化センターと、「島根創生」に向けた人材育成に関する連携協定を締結しました。同センターは、地方創生を担う人材育成のための研修などを行っており、この連携協定によって県職員を対象とした人材育成の強化が期待できます。同センターと地方自治体の連携協定は島根県が17件目ですが、都道府県との締結は兵庫県と並んで初めてのことです。

 知事は「県にはないノウハウやリソースにアクセスできるようになり、ありがたい」と話し、同センターの椎川忍理事長は「県職員だけでなく市町村の職員にも利用してもらい、全国の先進的なモデルになってほしい」と話されました。

 






お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp