• 背景色 
  • 文字サイズ 
前月2024年6月次月
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

ページ一覧

6月3日のトピックス(子育て世代への支援拡充に向けた意見交換)

子育て世代への支援拡充に向けた意見交換を行いました

【県庁講堂】

意見交換のようす

〔写真〕意見交換のようす

 

皆さんと

〔写真〕皆さんと

 

 子育て世代への支援拡充の取組を県と市町村が協力して推し進めるため、県市長会の久保田会長、県町村会の塚原副会長と意見交換を行いました。

 この場で、令和7年度から全19市町村で子ども医療費助成の対象を高校生相当年齢(18歳になった日以後最初の3月末まで)に揃えることや、既にこの年齢までの医療費助成を行っている市町村では、実情に応じて新たな子育て支援施策や既存の支援施策の拡充に取り組むことなど、県と市町村が協力して子育て世代の支援を充実させていくことを確認しました。

 知事は「島根に残ってもらう、戻ってきてもらう、そして島根に移ってきてもらう子育て世代の方々を増やしていくために、協力して取り組んでいきましょう」と述べました。

 

6月1日のトピックス(「島根県産品お中元ギフトセンター」の開設)

「島根県産品お中元ギフトセンター」オープニングセレモニーを行いました

【くにびきメッセ(松江市)】

来場者へ挨拶をする知事

〔写真〕来場者へ挨拶をする知事

 

会場スタッフへの激励のようす

〔写真〕会場スタッフへの激励のようす

 

 くにびきメッセで6月1日から8月15日まで開設する「島根県産品お中元ギフトセンター」のオープニングセレモニーに知事が参加しました。

 会場には約220品目の県産品ギフト商品が勢揃いし、県内事業者による試食販売の実施やしまねっこの登場など賑やかな会場となりました。

 知事は来場者へ「県内外の家族、友人への贈り物をはじめ、家庭で召し上がるのも含めて、多くの皆さんにたくさんお買い上げいただきたい」と述べました。

 

5月31日のトピックス(「将来世代応援企業賞」授与式ほか)

「将来世代応援企業賞」授与式

【301会議室】

授与のようす

〔写真〕授与のようす

 

皆さんと

〔写真〕皆さんと

 

 「日本創生のための将来世代応援知事同盟」の「将来世代応援企業賞※」を社会福祉法人愛耕福祉会(雲南市)が受賞され、県庁にて授与式を行いました。

 同法人は、職業病である腰痛予防のための独自の体操の導入、治療と仕事との両立、職員のキャリア支援等の取組が評価されました。

 知事は「働きやすい環境を整える取組を進めていただきありがとうございます。他社のモデルとして紹介するなど県も支援していきます」と述べました。

 

 ※「将来世代応援企業賞」・・・子育て支援や女性、若者への支援等に積極的に取り組んでいる企業等を表彰するもの

 

令和6年度島根県放課後児童クラブ施策推進会議を開催しました

【604・605会議室】

会議のようす

〔写真〕会議のようす

 

 島根県放課後児童クラブ施策推進会議を開催し、市町村担当職員と放課後児童クラブの充実に関する具体的な施策を検討しました。

 知事はあいさつで「子育てをしたいと思える環境づくりが必要です。市町村、事業者の皆さんの協力により、児童クラブの定員の拡大、開所時間の延長、長期休暇中のサービス提供の取組が推進されています。クラブの質の向上について、引き続きのお力添えをお願いします」と述べました。

 

5月29日のトピックス(要請活動ほか)

関係省庁等に特定地域づくり事業推進に関する初めての要望を行いました

 

【東京都】

皆さんと

〔写真〕松本総務大臣(中央)と協議会会長の塩田鹿児島県知事(右)

 

協議のようす

〔写真〕自民党人口急減地域対策議員連盟の森山会長と塩田鹿児島県知事

 

 5月29日に総務省や内閣府、国会議員に対し、「特定地域づくり事業推進全国協議会」による初めての要望活動を行いました。この協議会は、先月全国42道府県が共同で設立し、知事は副会長に就任しています。

 今回は、地域の担い手を確保する特定地域づくり事業の推進に向けて、必要な予算額の確保や、より弾力的な制度の運用などを要望しました。

 

要望活動

【経済産業省(東京都)】

経済産業省伊吹製造産業局長

〔写真〕経済産業伊吹製造産業局長

 

 5月29日に、経済産業省に対し「中小・小規模企業の十分な賃上げによってすそ野の広い賃上げを実現するために我が国の下請取引の抜本的な適正化を求める要請」について要請活動を行いました。

 3月26日にも、厚生労働省、中小企業庁、経済産業省、公正取引委員会に対し、同様の要請活動を行いましたが、今回の要請活動では、下請代金支払遅延等防止法に関して違反行為のあった企業に対して厳正に対処することを改めて要請しました。

 

5月28日のトピックス(麻布大学との連携協定の締結)

獣医師確保に向けて麻布大学と連携協定を締結しました

【301会議室】

協定締結後の記念写真

〔写真〕協定締結後の記念写真

 

協定書にサインをする知事

〔写真〕協定書にサインをする知事

 

 獣医学部がある麻布大学(神奈川県)の川上泰学長が県庁を訪れ、島根県で働く獣医師確保に向けた連携協定を締結しました。

 本協定は、獣医師を育成するために、学生のインターンシップや大学の臨床実習の受け入れ、共同研究などを連携して取り組むことで、獣医師の採用につながることを目的としています。

 知事は「麻布大学と島根県がそれぞれ抱えている課題を互いに理解しながら、協力して取り組んでいきたい」と述べました。

 



お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp