• 背景色 
  • 文字サイズ 



11月14日のトピックス(有限会社銘板センター山陰)

有限会社銘板センター山陰と立地に関する覚書を締結

【県庁301会議室】

引野和弘社長(右から2人目)、引野康治会長(右から3人目)

〔写真〕引野和弘代表取締役社長(右から2人目)、引野康治代表取締役会長(右から3人目)

 

 有限会社銘板センター山陰、島根県、松江市の三者で工場の立地に関する覚書を締結しました。

 同社は、表示板やネームプレートなどの作成を目的に平成元年に松江市内で設立され、その後、工業用プラスチックカバーの加工や樹脂部品の機械加工なども手掛けることで、事業を拡大されています。

 今回の立地計画では「ソフトビジネスパーク島根」に本社工場を建設し、県産業技術センターなどと連携して高度な樹脂加工技術の開発にも取り組むとともに、工作機械を新規に導入することで、事業の拡大を図られるものです。

 知事は「地域経済の活性化と定住促進の面からも大いに期待しています。地元松江市とともに、できる限りの支援・協力を行います」と述べ、引野和弘代表取締役社長は「技術の向上に取り組み、雇用の実現により地域に貢献したいです」と話されました。






お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp