• 背景色 
  • 文字サイズ 

高齢者のキャッシュカードによるATM振込の制限について

 

【提案No.A2016-00314】平成29年3月16日受付

 

 3月21日からは、広島県下の4つの信用金庫で、70歳以上の人のキャッシュカードによるATMからの振込が原則不可とります。また、5月下旬から広島県内のある銀行でも70歳以上のキャッシュカードによるATMでの振込限度額が1回につき10万円になります。いずれも、一定期間にATMによる振込実績がない70歳以上が対象で、金融機関の窓口で手続きした振込は可能です。医療費の還付などがあると持ちかけ、ATMから現金を振込ませる詐欺被害の防止には有効だと思います。

 島根県におかれましても県下の金融機関に対して高齢者のキャッシュカードによるATMでの振込への制限の導入を要請されてはどうでしょうか。

 

 


 

【回答】平成29年3月27日回答

 

 貴重なご意見をありがとうございます。

 ATMにおける振込み制限は、広島県のほか、全国的に導入の動きが高まっているところです。島根県におきましても、全国的な展開と同様に、関係機関と導入に向けて調整中です。

 引き続き、関係機関と連携し、被害防止に努めますので、ご協力をお願いいたします。

(警察本部生活安全部生活安全企画課)

 


 

【その後の回答】平成30年2月2日回答

 

 特殊詐欺被害防止対策として、ATMにおける振り込み制限については、島根県内に本店を置く金融機関と協議を重ね、平成29年12月現在、次のような取り組みが行われています。

 〇島根中央信用金庫、しまね信用金庫、日本海信用金庫

 ・70歳以上で過去1年間、キャッシュカードによる振り込みをしていない口座の利用者は、ATMでのキャッシュカードによる振り込みはできない。

 〇山陰合同銀行

 ・70歳以上で過去1年間、キャッシュカードの1日あたりの利用額が30万円以下の利用者は、キャッシュカードの1日あたりの利用限度額を30万円以下とする。

 ※取り組み内容の詳細は、各金融機関のホームページ等をご確認ください。

 

 その他の金融機関につきましては、早期の開始に向けて検討中です。

 引き続き、関係機関と連携し被害防止に努めますので、ご協力をお願いいたします。

(警察本部生活安全部生活安全企画課)

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2017年3月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025