• 背景色 
  • 文字サイズ 

熊の処分について


 

【提案No.A2017-00125】9月1日受付

 最近町内において熊の出没に対する注意を促す放送や、立札が増えています。それは、熊に出会った時、人が被害を受ける可能性が大きいからだと考えます。イノシシのわなに熊がかかったとよく聞くようになりました。わなにかかった熊の処置は県職員が立会の上で協議して殺すこともあるし、麻酔させて連れ帰ることもあると聞いています。連れ帰るというだけで町内の山に放されるらしいとも聞いています。人の安全を第一に考えて、わなにかかった熊は殺す。これを徹底して熊の数を減らしてください。

 

【回答】9月25日回答

 西中国山地(島根県・広島県・山口県)に生息するツキノワグマは、絶滅の恐れがあることから、国の法令により、狩猟による捕獲禁止の措置が取られています。

 一方で、近年はツキノワグマの捕獲数が増加しており、中でもイノシシ捕獲用の箱わなに誤って捕獲されるものが大半となっています。

 これまで、誤って捕獲されたツキノワグマへの対応は、国の法令順守の観点から原則放獣となっておりますが、平成29年度から国の運用が見直され、人の居住地域や農林業が行われている地域で捕獲されたクマについては、県が捕獲許可を出して殺処分することとしています。

 ツキノワグマの保護管理については、人の安全を第一に考えつつ、バランスのとれた対策を講じてまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。

(農林水産部森林整備課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2017年9月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025