トップ > 医療・福祉 > 薬事・衛生・感染症 > 感染症 > 感染症情報トップ > 疾患別
感染症情報トップ
対象疾患一覧
疾患別
カレンダー
感染症 週報
グラフ一覧

前シーズンへ   2017/2018シーズン  次シーズンへ
報告基準発生推移グラフ島根県データ表示全国データ表示インフルエンザ情報
島根県内のインフルエンザウイルス検出状況
2017/2018年シーズン

2017/2018シーズン は、島根県内で A2009型を中心に、A香港型およびB型(山形系統)も 検出されています。

A2009型 : 2017年9月上旬第36週に東部で、12月上旬第49週に中西部で検出されています。 なお、分離されたA2009型インフルエンザウイルスからオセルタミビル耐性遺伝子は検出されていません。
A香港型 : 2017年11月下旬第47週に中部で検出されています。
B型(山形系統) : 2017年12月下旬第51週に中部で検出されています。
※ 2009年に流行した”新型インフルエンザ”は、2011年4月1日から季節性インフルエンザに移行し、
  インフルエンザA/H1N1(2009)となりました。
   (ウイルス名としては、当ホームページでは、A2009と表記しています。)


閉鎖措置患者数
検出ウイルス

 A2009型(H1)A香港型(H3)B型(山形)B型(ビクトリア)総計
東部中部西部隠岐 計 東部中部西部隠岐 計  東部中部西部隠岐 計 東部中部西部隠岐 計 
36週(9/4-)6   6                 6
37週                       
38週                       
39週                       
40週(10/2-)                       
41週                       
42週                       
43週                       
44週(10/30-)                       
45週                       
46週                       
47週      1   1           1
48週      2   2           2
49週(12/4-) 11 2 1   1           3
50週 25 7                 7
51週 115 16   2 2 1  1      19
52週  4 4   2 2 11 2      8
1週(1/1-)                       
2週                       
3週                       
4週                       
5週(1/29-)                       
6週                       
総計6425 35 44 8  21 3     46

≪インフルエンザ≫

島根県感染症情報センター