• 背景色 
  • 文字サイズ 

始めよう!心の健康づくり

自分や周りの人のストレスに早く気づこう!

ストレスは良い影響をもらたす反面、心や体に悪い影響をもたらします。

自分のこころの状態に関心を持ち、周りの人のストレスにも気付き、みんなでこころを健康にしましょう。

時々、自分のストレスをチェックしてみましょう。(ストレスチェックもできるリーフレットはこちら→PDF205KB

ストレスをためないこころがけ!

日頃から気をつけておくことです。参考にしてください。

健康でストレスに負けない心と体を維持しておきましょう

・充分な睡眠・疲れたと思ったら休養・適度な運動・バランスのとれた食事

こころにためないでおしゃべりしましょう

・何でも相談できる人、をみつける

体とこころの緊張を解きましょう

・体を動かす・音楽を聴く・落ち着く場をみつける・楽しみ、いきがいをみつける

肩の力を抜くことも大切にしましょう(完全主義はやめる)

 

自死総合対策について

 全国の自死者数は平成10年に3万人を超え、その後も高い水準が続いており、国では平成18年自殺対策基本法が施行され、自殺総合対策大綱が平成19年閣議決定されました。

 島根県の自死者数は、平成10年以降毎年200人を超えており、浜田圏域も県内で自死者数が高い状況にあります。

 「自死は追い込まれた末の死」であるといわれます。これは、自らの命を絶つ過程において、最後まで生と死の間で揺れ動き、その原因や背景には単に個人の問題ではなく、倒産や失業、多重債務のような社会的要因や個人の健康状態や性格傾向、家族の状況など様々な要因が複雑に関係して、心理的に追い込まれた結果であるということです。

 あなたのまわりに悩みを抱かえている人はいませんか?最近、元気のない方はおられませんか?

 自死や心の健康について正しい知識を持つとともに、ともに支えあい、かけがえのない命を守りましょう。

 

 →世界自殺予防デー(9月10日)

 →各種パンフレットはこちら

 

こころの健康相談

 気分がすぐれない、眠れない、もの忘れ、お酒がやめられないなど様々な心の悩みに関する相談を随時受け付けています。

 お気軽に御相談ください。相談料は無料です。

 

 →令和3年度「こころの健康相談」(予約制)の日程はこちら

 

 なお、新型コロナウイルス感染症対策として、下記の点をご承知おき下さい。

 ・相談者、家族等は感染予防対策(3密を避ける、外から帰ったら必ず手洗いを行う、外出時は必ずマスクを着用する、

 外でもこまめな手洗い・手指消毒を行う等)を心がけて下さい。

 ・相談日前2週間以内に体調不良(風邪様症状、味覚・嗅覚異常、発熱(微熱)など)がある場合や、新型コロナウイルス感染症の

 患者と接触があった場合は、速やかに保健所へ連絡して下さい。

 ・相談会場は換気を行うため、体温調整ができるよう服装等準備して下さい。

 ・当日であっても急遽相談を中止する場合があります。

 ・当日、検温や問診等の結果により相談対応ができない場合があります。

 ・浜田市、江津市内での新型コロナウイルス感染症が確認された場合、最後の感染者確認から2週間は相談を中止します。

 ・訪問対応は原則実施しません。

 

 

 

出前講座

 地域や事業所に出向き、自死やうつ病等の正しい知識の普及を行います。

 対象:浜田圏域内の住民、事業所、関係機関、関係団体等

 料金:無料

 期間:令和2年5月~2月末(受付期間:4月1日~12月28日)

 →お申し込みはこちら(チラシ)

 


お問い合わせ先

浜田保健所

〒697-0041 島根県浜田市片庭町254
電話:0855-29-5537(代表)
FAX:0855-22-7009(総務保健部)/ 0855-29-5562(環境衛生部)
hamada-hc@pref.shimane.lg.jp