• 背景色 
  • 文字サイズ 



高丸遺跡の調査状況

お盆前の厳しい暑さが過ぎ、蒸し暑い不安定な天気のなか、高丸遺跡の調査を続けています。
丘陵尾根の平坦な部分の調査が終わり、斜面へ調査が進みました。

平坦な部分には大きな窪みがあり、底の黒い土からは弥生時代後期から古墳時代前期(約1,700~1,900年前)の土器が見つかりました。
大きな窪みは斜面の下の方へ続きます。
見つかった土器は、昨年度の調査ではほとんど見つからなかった古い時代のものです。
高丸遺跡の西約2キロには、弥生時代の墳墓遺跡で県の史跡である波来浜(ならはま)遺跡があり、

どのような関係にあったのか、興味がわきます。

高丸遺跡画像1

 

高丸遺跡画像2






お問い合わせ先

埋蔵文化財調査センター

〒690-0131 島根県松江市打出町33番地
【電話】0852-36-8608
【FAX】0852-36-8025
【Eメール】maibun@pref.shimane.lg.jp