• 背景色 
  • 文字サイズ 

世界遺産『石見銀山遺跡とその文化的景観』

 

「石見銀山遺跡とその文化的景観」は、環境に配慮し、自然と共生した鉱山運営を行っていたことが

特に評価され、平成19(2007)年、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

世界遺産に登録された資産はこちら


 

新着情報

新着情報や、期間限定イベントなどをお知らせします。

首里城火災復旧支援について

令和元年10月31日未明の火災による、沖縄県にある世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の

構成施設「首里城跡」にある首里城正殿などの被害につきまして、心よりお見舞い申し上げます。

首里城火災復旧支援に関するサイトをご案内します。

外部サイト/沖縄県・那覇市(令和元年11月6日現在)

詳しくはこちらから

石見銀山遺跡を紹介する多言語サイト開設!

多言語サイト( Foreign language site )

石見銀山遺跡について多言語で紹介しています。

(英語・中国語・韓国語・ロシア語・フランス語・ドイツ語・ポルトガル語・日本語)

更新日2019年11月14日

○訪日外国人観光客の皆さまへ

 プレゼントキャンペーンのお知らせ

 多言語サイトを紹介するちらしを広島県内を中心に中国4県で配付しています。

 ちらしを石見銀山世界遺産センターに持参していただくと、石見銀山オリジナルノベルティグッズを

 プレゼント!詳しくはこちらから(外部サイト島根県報道発表

To foreign tourists

Announcement of present campaign.

A flyer introducing multilingual websites of Iwami Ginzan Silver Mine and its Cultural Landscape is distributed in 4 prefectures, mainly Hiroshima prefecture.

If you bring the flyer to the Iwami Ginzan World Heritage Centre and you will receive the Iwami Ginzan original gift.

Read More! (external Shimane Prefecture press release web site)

石見銀山遺跡パネル巡回展

○石見銀山遺跡パネル展開催中!

 7月2日に世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」は世界遺産に登録されてから

12周年を迎えました。

 これを機会に、世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の多様な価値や魅力を

広範囲に情報発信するため、次のとおりパネル巡回展を開催しています。

 是非、ご覧ください。

 詳しい日程・会場などはこちらから

 

世界遺産「石見銀山とその文化的景観」とは

 

○世界遺産とは

1.世界遺産について

2.世界遺産の登録基準

3.日本の世界遺産

4.世界の鉱山遺跡

 

動画「世界遺産の町に息づく人と営み(歩いて巡る石見銀山)こちら

(石見銀山を訪れる前に、ぜひご覧ください)

 

石見銀山コースガイド(こちら)

 

○石見銀山世界遺産センター(外部サイト・こちら)

石見銀山世界遺産センターは世界遺産としての価値を来訪者の皆さんにご紹介する施設です。

【ガイダンス棟(無料)】

石見銀山の全体を見ることが出来るジオラマを展示しています。

【展示棟(有料)】

石見銀山の歴史や鉱山技術などを紹介するほか、

30キロの銀塊に実際に触れるコーナー、石見銀山最大級の大久保間歩の一部を忠実に

再現したコーナー、大久保間歩の坑内を約3分間の360°パノラマ映像で体験出来る

「VRコーナー」、毎週水曜日と木曜日に開催する「丁銀づくり体験」(有料)など

石見銀山を楽しみながら学べます。

 

○石見銀山遺跡の銀山地区と町並み地区は、道幅が狭く駐車スペースが十分に確保できないため、パークアンドライド方式を採用しています。

観光でお越しの際は、世界遺産センターの無料駐車場をご利用ください。

約400台の無料駐車場を備えており、銀山や大森の町並みまでは、世界遺産センター前から

路線バス(有料)で移動出来ます。

 

世界遺産センターfacebook(外部サイト)

 

石見銀山遺跡を訪れる前に

 

石見銀山遺跡は、町並みから山地まで、環境が様々に異なります。

山地などに出かける時は、服装等に相応の準備を心がけてください。

 

かつて鉱山の中心だった仙の山(せんのやま)や城跡、街道などの

山地に出かける時は、山歩きに必要な靴、服装、装備などを準備してください。

◆山の状況に詳しい方や、ガイド(下記の石見銀山ガイドの会など)の同行をお勧めします◆

 

山地では、自身の危険予防に十分注意してください。

・山中は坑道が多数あり大変危険です。また縦穴や軟弱な地盤がありますので、特に道路を外れて山林内に立ち入らないでください。

・岩石が風化して、落下することがあります。

・携帯電話がつながらない(あるいはつながりにくい)地域があります。

・事前に気象状況に留意してください。島根県内の気象注警報情報(外部サイト)

 

また植物や岩石、鉱物等を持ち帰ってはいけません。

アクセス

観光・イベント情報

島根県文化財課世界遺産室イベント情報

 

しまね観光ナビ(外部サイト)

世界遺産銀山ぶらり(外部サイト)

 

石見銀山ガイドの会(外部サイト)

ガイドツアー

「龍源寺間歩コース」(1日2回。◆出発時間10時30分、13時。◆所要時間2時間程度。◆集合場所石見銀山公園)

「大森の町並みコース」(1日1回。◆出発時間10時30分。◆所要時間1時間40分程度。◆集合場所代官所前広場)

※「石見銀山ガイドの会」では、このほかにも基本ツアープランを準備しています。

ご要望に応じたオリジナルツアープランも対応可能です。

 

大久保間歩一般公開限定ツアー(外部サイト)(3月〜11月の金土日祝日)

石見銀山では、間歩(まぶ、坑道のこと)などの採掘関係箇所が600箇所以上確認されてます。

そのうち、「龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)と大久保間歩(おおくぼまぶ)の二つを一般公開しています。

龍源寺間歩は通年公開(有料)しています。

大久保間歩は大久保間歩一般公開限定ツアー(要申し込み・期間限定・入場者数限定・有料)で公開しています。

 

観光情報等のお問い合わせ先

 

大田市観光振興課観光振興担当(外部サイト)(電話0854-88-9237)

大田市観光協会(外部サイト)(電話0854-88-9950)

大田市観光協会温泉津支部(外部サイト)(電話0855-65-2065)

石見銀山ガイドの会(外部サイト)(電話0854-89-0120)

 

石見銀山遺跡に関する総合調査

石見銀山遺跡では、調査研究を行っています。

調査・研究
  1. 発掘調査
  2. 街道調査
  3. 文献調査
  4. 科学調査
  5. 石造物調査
  6. 町並み保存地区の調査
  7. 港湾の集落調査
出版物情報

世界遺産登録の公式記録誌、パンフレット、調査報告書等の情報を掲載しています。

データをダウロードできるものもあります。出版物情報はこちら

 

石見銀山遺跡ライブラリ

講演の様子を動画で閲覧できます。こちらから

 

石見銀山遺跡写真ダウンロード(外部サイト・石見銀山世界遺産センター)

 

石見銀山遺跡の写真がご利用いただけます。

石見銀山世界遺産センターダウンロードページ(外部サイト)

 

探しています!石見銀!(情報提供・お問い合わせ等)

 

島根県では、この世界的な銀鉱山の発掘調査をはじめ、往時の繁栄の歴史と世界の経済を支えた

「石見銀」の秘密を解き明かそうとしています。

 かつてこの地から送りだされた銀が世界のどこかでひっそりと生きていることを願って、その行方を

探しています。「石見銀」について情報をお持ちでしたら、下記の問い合わせ先まで、ぜひお知らせ下さい。

 

リンク先

 

関係先ホームページへのリンクです。こちらから

 

 

※このホームページの著作権は島根県にあります。

画像・テキスト他データの無断使用・転載はご遠慮下さい。


お問い合わせ先

文化財課世界遺産室

〒690-8502 松江市殿町1番地
島根県教育庁文化財課 世界遺産室
電話0852-22-5642,6127  FAX 0852-22-5794
sekaiisan@pref.shimane.lg.jp