• 背景色 
  • 文字サイズ 

猪目川のカジカガエル(出雲市)

 カジカガエルは、岩石に似た灰褐色の目立たないカエルですが、その美しい鳴き声から、「河鹿」として古くから和歌に詠まれています。鳴き声は、4月の後半から7月末頃まで聞かれますが、梅雨の繁殖期、夕方から夜中にかけて盛んになります。

 カジカガエルの画像

 オスは、水面から出た岩石の上で、盛んに鳴いてメスを呼びます。そして、6、7月頃に水中の岩石の下に、50から80個ほどの卵を含む卵塊が数カ所に分けて産み付けられます。体長は、オスが約4cm、メスが約7cmと、メスの方がかなり大きくなります。

 

 カジカガエルは、自然度の高い清澄な河川に生息しているため、河川の汚染度を測る指標動物にもなっています。全国的にも生息環境の悪化で減少傾向にあり、生息環境を保全していく必要があります。

 

 平成25年3月に閉校した鰐淵小学校猪目分校は「カジカの学校」として知られており、昭和62年からカジカガエルの観察、研究、保護活動をしてきました。現在は鰐淵小学校の児童が保護活動を一部引き継ぎ、カジカガエルの卵を採取し、オタマジャクシの飼育・放流を行っています。他にツガニ、オイカワ、ドンコ等が生息しています。

 

 

 カジカガエルの鳴き声は、猪目川の河口付近の駐車場で聞くことができます。エンジンを切って、耳をすましてください。川のせせらぎとカジカガエルの美声のハーモニーが楽しめます。カジカガエルの鳴く季節に鳴き声を聞きに訪れてみましょう。

 

 

◆交通アクセス(「鵜鷺げんきな会」のページ)

 http://www.goennet.ne.jp/~abe117/akusesu.html(外部サイト)

 

◆「猪目川カジカガエル生息地」(「みんなで守る郷土の自然」のページ)

 https://www.pref.shimane.lg.jp/environment/nature/shizen/shimane/minnademamoru/inome.html

 

赤名のモリアオガエル(飯南町)

モリアオガエルの写真モリアオガエルは、体長がメス9cm、オス7cmで、体の色は、背側が緑色、腹側は薄黄色をしています。手足には吸盤が付いており、コナラ、ミズナラ、ブナなどの広葉樹の樹上で生活するのに都合良くできています。

 

 6〜7月が産卵期ですが、他のカエルたちと異なり、卵は水中ではなく、池や沼の水面に張り出した木の枝に産み付けられます。白っぽいソフトボール大の泡状の卵塊には、300〜500個の卵が含まれており、ふ化した幼生はそこから水面へポトンと落ちていきます。モリアオガエルの産卵風景

 

 近年では、産卵池等の水質悪化や森林伐採などが進み、生息域が減少したため、しまねレッドデータブックでも準絶滅危惧種になっており、各地域で保護活動が行われています。

 

 飯南(いいなん)町下赤名(しもあかな)にある赤名湿地では、遊歩道の途中にある池でモリアオガエルの産卵が観察できます。カエルを驚かさないよう、遊歩道から静かに観察しましょう。

 

 

 

 

 

 

 


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp