• 背景色 
  • 文字サイズ 



島根大学から講師を招き夏期栽培研修会を開催!

 JAしまね出雲地区本部平田柿部会は、部会員の栽培技術・知識のレベルアップを図るため、島根大学から講師を招き、夏期栽培研修会を開催し、約30名が参加しました。

 研修会では島根大学生物資源科学部の江角智也准教授から「最近の柿の基礎研究」と題して講演があり、西条柿の品種・系統特性や西条柿の雄花から採取した花粉を用いて、新たな系統を育種・開発するための基礎的な研究を進めていることが説明されました。

 また西条柿雄花の花粉は稔性が弱いことから、特定の枝に雄花を人為的に誘導し、その花粉を着果安定のための受粉に用いるような方法が開発できれば、種子のない西条柿果実の生産に繋がる可能性があると話をされました。

 その後、当事務所から、「果樹産地再生に向けた取組み状況」と「気象変動に対応した柿栽培」について説明を行いました。

 今回の研修会は柿の学術的な話や、産地を活性化するための取組み等、多岐にわたる内容でしたが、参加者は真剣に耳を傾け、各講演が終わる毎に多くの質問があり、盛況な研修会となりました。

 今後、平田柿部会では9月21日に出荷総会が開催され、10月から本格的に令和元年産の出荷が始まります。普及部では、引き続き関係機関と連携し、販売目標額3億円の達成に向け支援を続けていきます。

 

西条柿の雄花について解説する江角准教授

 【西条柿の雄花について解説する江角准教授】






お問い合わせ先

東部農林振興センター

島根県東部農林振興センター 
  〒690-0011 島根県松江市東津田町1741-1
  TEL: 0852-32-5638/FAX: 0852-32-5643
  e-mail: tobu-noshin@pref.shimane.lg.jp

 ****************************************
  松江農業普及部安来支所(島根県安来市穂日島町303)
  松江家畜衛生部(島根県松江市東出雲町錦浜474-2)
  出雲家畜衛生部(島根県出雲市神西沖町918-4)
  雲南事務所(島根県雲南市木次町里方531-1)
  出雲事務所(島根県出雲市大津町1139)