• 背景色 
  • 文字サイズ 



宍道湖西岸サポートセンターの機械共同利用開始

 宍道湖西岸地区では、平成30年度から令和11年度を工期とする「国営緊急農地再編整備事業(宍道湖西岸地区)」後の高収益作物の計画的な生産、新たな担い手の育成・確保、組織体制整備等を推進・実践するための組織として、「宍道湖西岸サポートセンター」(以下「西岸SC」という)を今年の3月に設立しています。

 西岸SCの役割は、営農計画の目標達成に向けた高収益作物の面積拡大・品質の高位平準化や、会員である担い手の生産コストの低減等があり、その一環として昨年度から共同利用機械の導入に向けて準備を取り組んできました。

 第一弾として、6月にマニュアスプレッダーが導入され、出雲普及部では補助事業(集落営農体制強化スピードアップ事業他)の申請支援や畜産農家との調整、堆肥散布の仕組みづくり等の支援を行ってきました。

 7月31日、西岸SCの会員である12営農組織から、機械操作を行うオペレーター約50名が出席し、機械の操作講習が行われました。講習ではメーカーから機械や点検方法等の説明、共同利用にあたっての留意事項を聞いた後、散布作業を見学し、数名のオペレーターは実際に機械操作も行いました。

 8月中には、主に秋作ブロッコリーの作付けに向け、約120tの堆肥がSC会員のほ場に散布され、秋には2回目の堆肥散布に向けた注文の集約・調整が行われる計画です。

 現在、共同利用機械の第二弾として、小豆等の収穫を行う汎用コンバインの導入手続きが進められており、出雲普及部では引き続き、関係機関と連携しながら継続して西岸SCの運営支援を行っていきます。

堆肥積み込み作業

 

堆肥散布作業

 






お問い合わせ先

東部農林振興センター

島根県東部農林振興センター 
  〒690-0011 島根県松江市東津田町1741-1
  TEL: 0852-32-5638/FAX: 0852-32-5643
  e-mail: tobu-noshin@pref.shimane.lg.jp

 ****************************************
  松江農業普及部安来支所(島根県安来市穂日島町303)
  松江家畜衛生部(島根県松江市東出雲町錦浜474-2)
  出雲家畜衛生部(島根県出雲市神西沖町918-4)
  雲南事務所(島根県雲南市木次町里方531-1)
  出雲事務所(島根県出雲市大津町1139)