本文へジャンプ トップ > 医療・福祉 > 薬事・衛生・感染症 > 感染症 > 感染症情報トップ > 年報
感染症情報トップ
対象疾患一覧
疾患別
カレンダー
感染症 年報
グラフ一覧

2015(H27)年 <  2016(H28)年 年報  > 2017(H29)年
目次I.概要II-1.発生状況の解析と評価II-2.定点把握疾患発生状況III.検査情報
全数把握週報(インフルエンザ・小児科・眼科・基幹定点)月報(STD・基幹定点)精度評価疑似症
印刷用ページ 1.発生状況の解析と評価 |発生状況表11.STD月別表12.STD地区別表14.基幹地区別表16.基幹年次別
7)性感染症(STD)定点把握疾患の発生状況(月報):表11、12、13、図10、11
STD月別患者数
STD年次推移
 本県の性感染症(STD)の2007(平成19)年以降の10年間の年次別患者数推移を見ると、2007年は257件であったものが、2008(平成20)年は254件、2009(平成21)年は212件、2010(平成22)年は240件、2011(平成23)年は240件、2012(平成24)年は243件、2013(平成25)年は242件、2014(平成26)年は234件、2015(平成27)は250件、2016(平成28)は244件であった。この10年間で、性感染症の報告数には増減は認められなかった。
 本年のSTDの内訳は、性器クラミジア感染症144件(59.0%)、性器ヘルペスウイルス感染症25件(10.2%)、尖形コンジローマ17件(7.0%)、淋菌感染症58件(23.8%)であった。
 圏域・地区別では、全般的にみると東部地区に報告数が多いが、淋菌感染症は今年も西部地区に多くみられた。
(1)性器クラミジア感染症:144件
例年通り性感染症の約半数を占め、そのうち男性が80件、女性が64件であった。過去9年間と比較し患者数の増減はあるが、増加傾向にあるとはいえない。年齢別では10代が12件、20代が77件、30代が37件、40代が15件、50代が1件、60代が2件となっていた。性別では、男性が10代から60代まで広く分布し、女性は10代から40代まで分布しており、女性は男性に比べやや若年層に多く分布していた。 月別の報告数では、特に季節的な変動はみられなかった。
(2)性器ヘルペスウイルス感染症:25件
性別では、男性15件、女性10件であった。年齢では20代から60代に広く分布していた。 月別の報告数では本年も冬季に少なかった。
(3)尖圭コンジローマ:17件
性別では、男性14件、女性3件であった。年齢は20代から40代に分布していた。 月別の報告数では季節的な変動はみられなかった。
(4)淋菌感染症:58件
報告数は、例年通りクラミジア感染症に次いで多く、男性56件、女性2件と、男性が多い傾向に変わりがなかった。年齢は、10代から60代に広く分布していた。月別の報告数は8月に12件と突出して多かった。
8)基幹定点把握疾患の発生状況(月報):(表14、15、16、図12)
基幹病院定点年次推移
(1)メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症: 316件(定点当たり 39.5件/年)
前年とほぼ同数であった。浜田圏域が最多の121、次が益田圏域の70、逆に極めて少ない圏域もあり、圏域差が大きかった。男女比は1.7:1で、例年と同じであった。年齢別では、70歳以上が70.1%と、例年どおり70%以上を占めた。乳児は、2015(平成27)年6件の2倍の12件であった。
(2)ペニシリン耐性肺炎球菌感染症: 4件
浜田圏域3件、松江圏域1件の報告があり、年齢は、30歳代1件、50歳代1件、70歳以上高齢の者2件であった。どちらかといえば高齢者に多いが、これはここ数年と同じであった。
(3)薬剤耐性緑膿菌感染症: 2件
過去最少タイの2例であり、ともに70歳以上の高齢者であった。
島根県感染症情報センター