• 背景色 
  • 文字サイズ 

危機管理発生事案

北朝鮮による弾道ミサイルの発射事案について

島根県知事コメント(令和4年11月18日)

 

本日、北朝鮮から、弾道ミサイルの可能性があるものが発射された。

島根県の漁業者が航行する可能性のあるエリアに落下したとすれば、ゆゆしき事態である。

執拗(しつよう)に繰り返される北朝鮮による弾道ミサイル等の発射は、県民の生命、身体、

財産への深刻かつ重大な脅威であり、国連安全保障理事会決議を無視した挑発行為である。

県では、発射情報入手後、直ちに情報収集を行い、

島根原子力発電所、島根県内の漁船、県教育委員会の水産実習船(神海丸)の安全を確認した。

また、関係課長会議を開催し、情報共有を図った。
政府は、北朝鮮に対して、厳重に抗議することはもちろん、

関係国と連携して再発防止に全力を尽くしてほしい。

 

過去のコメントは、報道発表システム(外部サイト)をご覧ください。

弾道ミサイル落下時の行動等について

弾道ミサイルが落下した際の行動についてはこちらをご覧ください

弾道ミサイル落下時の行動等について

北朝鮮の核実験への対応


お問い合わせ先

防災危機管理課

島根県防災部防災危機管理課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
電話 0852-22-5111(県庁代表)
   0852-22-6353
FAX 0852-22-5930
e-mail: bosai-kikikanri@pref.shimane.lg.jp