• 背景色 
  • 文字サイズ 

陶山専門研究員「森林防疫賞」受賞

 

 陶山専門研究員が7月22日,東京において森林防疫賞(全国森林病虫獣害防除協会会長賞)を授与されました。

 

 森林防疫賞は「森林防疫」誌に掲載された論文から優れたものに与えられる賞です。受賞対象になった論文の

内容は「サクラの“ならたけもどき病”の防除に関する研究」です。

 

 陶山専門研究員は松江市城山公園でサクラの衰弱・枯死原因となっている“ならたけもどき病”について研究を

してきました。同研究員はこれまで不明であった本病の伝染様式を調査し、病原菌は胞子で分散したのち、土壌

中で根の接触よって広範に伝染することを明らかにしました。また、病原菌は枯死木の根株に9年以上と長期間

にわたって生存し、根株は本病の伝染源となっていることを明らかにし、本病を防除する上で枯死木の根株を除去

する重要性を提示しました。これらの研究成果の一部が森林防疫に掲載され評価を受けて、今回の受賞に至りまし

た。

 

 陶山専門研究員は現在、松江市観光地樹木保全委員として、松江市が行うサクラ樹勢回復事業について助言・提案

を行っています。

 

 

(写真)

授与後に研究内容について講演をしている陶山専門研究員

 

 全国森林病虫獣害防除協会(外部サイト)


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp