• 背景色 
  • 文字サイズ 

山陰史跡整備ネットワーク会議とは

 島根県、鳥取県、及び両県の市町村が、山陰全域の史跡整備のネットワーク化を図るため開催している会議です。この会議では史跡の保存と活用のため、以下の事業を実施しています。

さんいん史跡日和

 山陰史跡整備ネットワーク会議では、山陰地方の史跡や遺跡を“まちあるき”により体感するプログラム「さんいん史跡日和2018」を開催します。

 本事業では、両県や各市町村を代表する史跡や古墳などの遺跡を紹介するだけでなく、中近世の城館跡や街道を訪ね歩き、ふるさとを再発見するユニークな29のイベントを実施します。

○開催時期:平成30年9月から12月

○内容:プログラムガイドを参照ください。「さんいん史跡日和プログラムガイド」

 

hyousistamp

山陰史跡探訪モニターツアー

 平成24年度までは、山陰両県の有名な史跡、穴場の史跡を文化財専門職員が案内する「山陰史跡探訪モニターツアー」を実施しました。アンケートにご協力いただき、史跡の活用方法を検討するための基礎データを収集しました。

 これまでに実施したツアーはこちら

山陰史跡ガイドブック

 山陰両県の史跡を広域的に活用する事業として、山陰の史跡や資料館をテーマごとに集めたガイドブックを刊行しています。島根県教育委員会、各市町村教育委員会、県内の博物館・資料館、各島根県事務所、観光案内所に配布し、ご希望の方に無料配布しています。

※郵送の場合は送料をご負担いただきます

 

※ガイドブックの内容や配布方法についてはこちら

 

 

全5巻


お問い合わせ先

文化財課

〒690-8502 島根県松江市殿町1番地(県庁分庁舎)
島根県教育庁文化財課
TEL 0852-22-5880 FAX 0852-22-5794 
E-mail:bunkazai@pref.shimane.lg.jp