• 背景色 
  • 文字サイズ 

災害防除事業の概要

最終更新:R3.3.25

事業の目的・概要

島根県では、平成28年5月に邑南町で発生した道路斜面からの落石事故を受け、「落石に係る道路防災計画」を策定し、道路の落石対策について重点的に取り組んでいます。

浜田県土整備事務所では、この計画に基づき、落石など災害の発生の恐れがある危険箇所を抽出し、道路防災点検(※1)を実施(H28~R1)しました。

道路防災点検で選定した要対策箇所について、路線の重要度や交通量等により優先度の高い箇所から落石対策工事を実施しています。

 

※1)落石など災害の発生のおそれがある危険箇所を抽出し安定度調査(※2)を行い、対策が必要な箇所「要対策箇所」と継続して監視していく箇所「カルテ監視箇所」を選定して、防災カルテ(※3)を作成する。

※2)浮石・転石の状況、湧水の有無及び斜面の勾配・浸食状況等を現地調査して、斜面の安定度評価を行う。

※3)点検斜面の状況、定期点検時のチェックポイント等を記載したもの。

 

詳しくは落石に係る道路防災計画(島根県土木部)をご覧ください。

 

延長・規格等

浜田県土整備事務所管内の危険箇所数(R3.3.1現在)

 要対策箇所:695箇所

 カルテ監視箇所:216箇所

 

工事の状況

工事の状況
路線名 国道186号 国道261号 国道261号
施工箇所 浜田市金城町上来原 江津市桜江町大貫 江津市桜江町大貫
着手前 上来原(施工前) 大貫(施工前) 大貫(着手前)
着手後 上来原(施工後) 大貫(施工後) 大貫(着手後)
撮影日 令和3年2月 令和2年7月 令和2年2月
備考 杭式落石防護柵工

落石防護柵工

ポケット式落石防止網工

 

 

 

 

定期点検

道路防災点検の結果、落石対策が必要な危険箇所が非常に多く、全箇所の工事が完了するまで相当の期間を要する見通しであることから、工事と並行し、道路防災点検で選定した「要対策箇所」については、定期点検を毎年度実施し、変状を確認します。

定期点検の実施にあたり、民有地への立ち入りが必要となることがありますので、ご理解とご協力をいただきますようお願いします。

 

詳細についてはこちらをご覧ください。

 

定期点検1定期点検2定期点検3


お問い合わせ先

浜田県土整備事務所

浜田県土整備事務所
〒697-0041
島根県浜田市片庭町254
電 話 0855-29-5654
FAX0855-29-5691(業務部、維持管理部、土木工務部)
   0855-29-5623(農林工務部)