• 背景色 
  • 文字サイズ 

三瓶山「室の内」の紅葉(大田市)

 

 大平山からの紅葉1 大平山からの景色

 大平山から眺める女三瓶山の紅葉(H25.11.1撮影)

 

 県内には、紅葉の見所がたくさんありますが、ぜひ一度訪れていただきたいのが、三瓶山東の原から登ったところにある大平山(たいへいざん)から眺める「室の内」の紅葉です。

 

 三瓶山は、男三瓶、女三瓶、子三瓶などいくつかの峰が環状に連なっていますが、これらの峰に取り囲まれた中央の凹地が「室の内(むろのうち)」と呼ばれます。この凹地は最末期に噴火を起こした火口で、直径1km以上、約3600年前に形作られたと考えられています。大平山は、室の内から噴出した溶岩などが堆積してできた山と考えられ、大平山の頂上からは、男三瓶、女三瓶、子三瓶が室ノ内を取り囲む、自然林の一大パノラマが広がるため、紅葉もまた圧巻です。

 

 ※写真をクリックすると拡大します
室の内全景 大平山からの紅葉3 大平山からの紅葉2

 

 

アクセス情報

※※※三瓶登山・観光リフト運休のお知らせ※※※

 

モーターに異常が発生し、現在運休しています。

詳細はこちら・・・大田市ホームページ(外部サイト)

 

 大平山へは、東の原にある観光リフト(往復大人670円・小人460円片道大人460円・小人310円)を利用すれば片道約10分ぐらいでリフト終点に到着し、そこから大平山まで歩いて3分ほどです。

 

三瓶観光リフト

営業期間:4月から11月(12月から3月は休業)

営業時間:午前8時30分から午後4時50分まで(山頂側最終時間は午後4時30分)

定休日:毎週火曜日

TEL:0854-83-2020

 
観光リフト リフト2 リフト3 リフト4

 

東の原エリア(大田市観光協会のホームページ)
http://www.visit-ohda.jp/716.html(外部サイト)

 

東の原周辺地図(しまね自然公園ガイド「大山隠岐国立公園三瓶山エリア」のページ)

https://www.pref.shimane.lg.jp/environment/nature/shizen/shimane/shimane_kouen/kokuritu_kokutei/daisen-oki/sanbesan/higashi.html

 

 室の内を歩いてみよう

 ここ(大平山標高854m)まで来たら、せっかくですので、室の内(標高673m)まで降りてみましょう(しっかり歩ける靴を履きましょう!!)。リフト終点近くに室の内展望台がありますが、その脇に続く遊歩道で室の内まで往復1時間程度です。ここには、三瓶山第3の池「室の内池」があります。西の原に近い「浮布池」や、北の原の三瓶自然館に近い「姫逃池」は訪れたことがあっても、この「室の内池」を見たことがあるという方は少ないのではないでしょうか?

 

 「室の内池」は、火口原に形成された火口湖ですが割合浅く、最深部でも最大2m弱といわれています。東西に約150m、南北に約100mの大きさで、水位は年間を通じてほぼ一定です。池には放流されたコイが生息しているほか、春から夏にかけてヒキガエルの産卵地、おたまじゃくしの生息地となっています。

 

 「室の内池」のそばには「鳥地獄」と呼ばれる二酸化炭素を噴出している噴気孔があります。この近くで酸欠になった小動物が死ぬことがあるため、このような名前が付けられました。今もまだ三瓶火山が生きている証拠でもあります。

 

ご注意とお願い!!

 

 室の内一帯は、大山隠岐国立公園の三瓶山地区の中でも最も重要な地域(言わば『聖域』)であり、「特別保護地区」という大変規制の厳しい地域に指定されています。あらゆる動植物の採取はもちろん、1枚の落葉、石ころ1つさえも持ち出すことはできません。ご理解とご協力をお願いします。

 

 

 

 

室の内池 室の池2 室の内の散策

 


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp