• 背景色 
  • 文字サイズ 

自然の博物館「赤名湿地」

 

赤名湿地の概要

 

 「湿地」と聞くと「じとー」とした暗いイメージを受ける方も多いと思います。

ところが、そこは、植物、昆虫、野鳥など、たくさんの動植物が暮らす自然の宝庫なのです。

 

 飯南町下赤名福田にある「赤名湿地」は、県の自然環境保全地域にも指定されていて、地元の方々に愛され、昔からの植生が今も大切に守られています。

 

 県下最大のハンノキ林が湿地の奥にある長尾池を中心に広がり、その下には白い花のミツガシワ、小さな黄色い花をつけるリュウキンカ、朱色に染まったハンカイソウが自生しています。そのほかにもサワギキョウ、ノハナショウブ、真夏にはその名のとおり鷺の形をしたサギソウが花をつけ、私たちを楽しませてくれます。

 

 昆虫では、世界で最も小さいトンボのひとつと言われる可愛らしいハッチョウトンボが六月頃から飛び始めます。ゴイシシジミ、ヒメシジミなどの貴重な蝶もみられます。

 

 そんな湿地の中を歩くと不思議な感覚を覚えます。蛙や虫の鳴き声、鳥のさえずり、小さな草花などから、精一杯生き抜こうとする生き物達のエネルギーを感じるからです。

 

 是非一度、初夏の「赤名湿地」へ足を運んでみませんか。

 

 

 ミツガシワリュウキンカサギソウ

 左から

 ミツガシワ、リュウキンカ、サギソウ

 

 赤名湿地は、「島根県自然環境保全地域」に選定されています。地図や解説などはこちらをご覧ください。

→島根県自然環境保全地域「赤名湿地性植物群落」のページ

 

 飯南町のホームページには、赤名湿地内の案内図、植物の見られる場所や見頃などが掲載されています。

→飯南町ホームページ(赤名湿地)(外部サイト)

 

 

 りびえーる平成19年6月10日掲載

 


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp