• 背景色 
  • 文字サイズ 

三瓶山の三つの池

 今日(10月26日)、「しまねエコフェスタinさんべ」と「さんべ祭」が開催されている三瓶山に3つの池があるのをご存知ですか?

 

1つは、北の原「三瓶自然館サヒメル」の近くにある「姫逃池」。春のカキツバタの花が有名で、ぐるっと一周散歩するのに手頃です。2つめは、西の原「定めの松」の西方にある「浮布池」。三瓶で唯一ボートに乗ることができる池です。池沿いの市道の中ほどには、池と三瓶山が一緒に見えるビューポイントもあります。
そして、3つめが「室の内池」。初めてその名を聞いた人も多いでしょう。


三瓶山は、男三瓶、女三瓶、子三瓶などの峰からなりますが、これらの峰に囲まれた中央の凹地が「室の内」です。この凹地は噴火口で、そこに地下水が貯まってできたのが「室の内池」です。やっと山に登ったのに、それから更に下らないと見られないなんて、秘湯のような池ですね。

 

 でも、東の原にある観光リフト(片道約10分。木曜定休。)で大平山(標高854m)に上がれば、そこから室の内池(標高673m)まで往復約1時間です。(しっかり歩ける靴を履きましょう。)大平山からは、室の内のパノラマが広がり、特に11月上旬頃は紅葉が見頃です。11月9日には「ゆっくり歩く紅葉の室の内」というイベントも企画されています。(問合せ先:島根県立三瓶自然館サヒメルTEL:0854-86-0500)

(りびえーる掲載日平成20年10月26日)

 

室の内に関する詳しい情報はこちら

 https://www.pref.shimane.lg.jp/shizenkankyo/shun/sanbe-kouyou.html

 

東の原観光リフト「さんべ東の原」公式WEBサイト
http://sanbekanko.com/(外部サイト)

 

注:下の「さんべ紅葉情報(バナー)」をクリックすると、紅葉の見頃状況がわかります

 

紅葉情バナー


室の内の写真地図画像


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp