• 背景色 
  • 文字サイズ 

建設工事総合評価方式、業務委託総合評価・プロポーザル方式

総合評価方式(建設工事)技術資料の審査の統一事項

1.総合評価方式(建設工事)技術資料の審査の統一事項の一部改正(平成27年4月1日以降に入札公告する工事から適用)

 総合評価技術資料の審査が公平かつ迅速に行えるよう「総合評価方式(建設工事)技術資料の審査の統一事項」及び「同統一事項(具体事例)」を定め、平成27年1月1日以降に入札公告する工事から適用を開始しました。

 これまで各発注機関から問い合わせがあった事例等を追加するなど、統一事項(具体事例)の内容を一部改正しますのでお知らせします。

改正事項の概要(H27.4.1)

総合評価方式(建設工事)技術資料の審査の統一事項(H27.1.1適用)

総合評価方式(建設工事)技術資料の審査の統一事項(具体事例)の一部改正(H27.4.1適用)

技術資料の作成提出等に関するQ&A

 

2.総合評価技術資料について

 入札公告に掲載するエクセルファイル(イメージ用)、総合評価技術資料の作成手順を掲載しますので、内容を確認の上、総合評価技術資料の提出をお願いします。

 

入札公告に掲載するエクセルファイルのイメージ(H30.6.1)

 (注意:実際の入札に参加する場合は、このファイルを使用しないでください)

総合評価技術資料の作成手順(H30.6.1)

・総合評価技術資料様式の変更のお知らせ

 ※H30.6.1

 

 

 

建設工事総合評価方式運用手引き

実施要領、運用手引等の最新版はこちら(土木総務課建設産業対策室のホームページへ)

 

【H30.11.1一部改正】

評価項目労働福祉関連の状況(育児・介護休業に関する制度)の審査方法を一部変更

 

【H30.6.1改正の概要】

詳細は、【H30.6.1改正の概要】をクリックしてご確認いただけます。

※H31.6.1から、「企業の工事成績評定点」の平均点算定の対象期間を過去2年間から過去3年間に見直すこととします。

 

 

業務委託総合評価方式(平成30年6月1日一部改定、試行中)

 平成30年度も「技術者評価型」または「テーマ設定型」による総合評価方式業務委託の試行を継続します。

試行要領、運用手引等はこちら(土木総務課建設産業対策室のホームページへ)

 

【H30.6.1改正の概要】

 詳細は、【H30.6.1改正の概要】をクリックしてご確認いただけます。

 

 

業務委託プロポーザル方式(平成21年4月1日一部改正、試行中)

 平成30年度もプロポーザル方式業務委託の試行を継続します。

 

試行要領、運用手引等はこちら

 


お問い合わせ先

技術管理課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
【しまね・ハツ・建設ブランド、i-Constructionに関すること】
 TEL 0852-22-6550(企画調査グループ)
【積算基準・単価に関すること】
 TEL 0852-22-5941(土木設計基準グループ)
 TEL 0852-22-5942(農林設計基準グループ)
【品質管理、成績・表彰に関すること】
 TEL 0852-22-5389(工事品質管理スタッフ)
【公共土木施設の老朽化対策に関すること】
 TEL 0852-22-6014(長寿命化推進室)
【公共事業評価、総合評価方式に関すること】
 TEL 0852-22-5650(公共事業調整スタッフ)
【その他のお問い合わせ】
 TEL 0852-22-5652(企画調査グループ)
 FAX 0852-25-6329
 e-mail gijyutsu@pref.shimane.lg.jp
 ※入札参加資格、電子入札については、土木総務課建設産業対策室(0852-22-5185)にお問い合わせください。