• 背景色 
  • 文字サイズ 

数値で見る地域の農林業

農業

 主要な指標です。

耕地

 管内の耕地は総面積のわずか3.4パーセントの約1万2千ヘクタールです。このうち、約80パーセントにあたる9600ヘクタールが田です。畑が約20パーセントですが、県平均より高く、特に益田市では約30パーセントを占めています。
 

市町別耕地面積(単位:ヘクタール、%)
項目 浜田市 益田市 大田市 江津市 川本町 美郷町 邑南町 津和野町 吉賀町 管内計 県全体
総面積 69068 73319 43534 26824 10643 28292 41929 30703 33650 357962 670789
耕地面積 2350 2160 2460 630 346 651 1920 773 836 12126 36600
うち田 1930 1510 1850 492 261 503 1660 639 723 9568 29500
うち畑 423 642 607 138 85 148 260 134 113 2550 7030
耕地率 3.4 2.9 5.7 2.3 3.3 2.3 4.6 2.5 2.5 3.4 5.5
82.1 69.9 75.2 78.1 75.4 77.3 86.5 82.7 86.5 78.9 80.6
18.0 29.7 24.7 21.9 24.6 22.7 13.5 17.3 13.5 21.0 19.2

出典:国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調(令和2年7月1日時点)」、農林水産省「中国四国農林水産統計年報(平成30~令和元年)」

 

 益田市、大田市、美郷町には国営農地開発地があります。益田市には昭和49年度から昭和63年度にかけて424haの畑が造成されました。大田市と美郷町にまたがる大邑地区は昭和54年度から平成6年度にかけて221haの畑が造成されました。

 

開発地の造成状況(単位:ヘクタール)
地区名 普通畑 樹園地
益田 201 223
大邑 202 19


 

 耕地の約8割を占めている田の整備率は令和元年度末現在で78パーセントです。地形等の制約から市町で整備状況には差があります。また、平坦部が少ないこともあり50アール以上の大区画に整備された田は少ない状況にあります。

 

令和元年度末時点の基盤整備の状況(単位:%)
項目

うち

大区画

浜田市 85.2 34.6 76.1
益田市 69.2 2.9 77.0 71.5
大田市 61.6 1.1 30.8 54.0
江津市 74.0 12.7 8.3 59.6
川本町 85.6 82.1 84.8
美郷町 65.9 68.5 66.5
邑南町 96.8 52.2 90.8
津和野町 80.2 0.5 34.3 72.2
吉賀町 79.5 4.1 9.4 70.1
西部平均 77.8 1.5 47.1 71.3
県全体 77.6 4.1 40.9

70.5

出典:農村整備課調べ

 

 

農産物生産

 管内の平成30年の農業産出額は254億円(市町村別農業産出額推計による)で県全体の42パーセントにあたります。また、農業産出額の53パーセントを畜産が占めているのが大きな特徴で、これは大型の肉用牛や酪農経営体が複数あることに起因しています。

 耕作部門では、ぶどうなどの施設園芸に加え、水田園芸品目のミニトマトや有機野菜の拡大により野菜の産出額が微増傾向にあります。

 

平成30年の農業産出額
項目 総額 園芸 畜産

西部

(推計)

254億円

59.5億円

(23.4%)

56.9億円

(22.4%)

134.8億円

(53.1%)

県全体 612億円

204億円

(33.3%)

152億円

(24.8%)

242億円

(39.5%)

出典:農林水産省「生産農業所得統計」

 

 管内のJAしまね地区本部の令和元年度の販売高は約128億円で、畜産物が60パーセント、米が20パーセントを占めています。令和元年から重点的に推進を開始した水田園芸6品目(キャベツ、たまねぎ、アスパラガス、ミニトマト、白ねぎ、ブロッコリー)は1億3千万円です(ブロッコリーの生産はほぼ無し)。

 なお、林産物はわさび、きのこ類、山菜、茶などです。

 

管内JAしまね地区本部の令和元年度の販売高(単位:百万円)

大豆

雑穀

野菜 うち園芸6品目 果実

花き

花木

林産物 畜産物
キャベツ たまねぎ アスパラガス ミニトマト 白ねぎ ブロッコリー
2559 18 1574 22 5 5 92 10 583 140 269 7685 12827

 

 

飼養頭数(単位:頭、ただし採卵鶏・ブロイラーは千羽(千羽未満四捨五入))

地域

肉用牛

乳用牛

採卵鶏・ブロイラー

川本家畜衛生部管内

6,526 5,844 32,790 333
益田家畜衛生部管内 10,624 1,505 0 459

西部合計

(シェア)

17,150

54.3%

7,349

64.8%

32,790

81.5%

792

69.4%

東部合計

10,850

3,995 7,442 349
隠岐合計 3,600 0 0 0
県全体 31,600 11,344 40,232 1,141

出典:農畜産課「家畜飼養状況調査(令和2年2月1日現在)」

 

その他主要指標
2015年農林業センサス
項目 浜田市 益田市 大田市 江津市 川本町 美郷町 邑南町 津和野町 吉賀町 管内計 県全体
農家戸数 2493 2173 2084 830 284 623 1711 746 835 11779 33513
販売農家 1364 1080 2084 287 166 332 1175 339 554 6455 19173
うち専業 359 333 318 84 63 107 353 118 191 1926 4290
うち1種兼業 120 133 102 16 15 24 96 50 50 606 1678
うち2種兼業 885 614 678 187 88 201 726 231 313 3923 13205
自給的農家 1129 1093 986 543 118 291 536 347 281 5324 14340
農家人口 4227 3509 3635 817 459 983 3676 1260 1619 20185 70392
農業従事者数 3049 2441 2620 618 345 726 2711 935 1154 14599 47988
農業就業人口 1650 1393 1386 330 209 376 1451 562 643 8000 24801

農家:経営耕地面積が10アール以上、または農産物販売金額15万円以上の世帯

販売農家:経営耕地面積が30アール以上、または農産物販売金額50万円以上の農家

自給的農家:経営耕地面積が30アール未満、かつ農産物販売金額50万円未満の農家

農業従事者:満15歳以上の世帯員のうち、年間1日以上農業に従事した者

農業就業人口:農業従事者のうち、「自営農業のみに従事した者」と「農業とそれ以外の仕事の両方に従事したが、自営農業の従事日数の方が多い者」の合計


お問い合わせ先

西部農林振興センター

島根県西部農林振興センター
 〒697-0041 浜田市片庭町254 FAX0855-29-5591
川本家畜保健衛生所
 〒696-8510 川本町大字川本265-3 FAX0855-72-9811
益田家畜保健衛生所
 〒698-0007 益田市昭和町13-1 FAX0856-31-9739  
県央事務所
 〒696-8510 川本町大字川本265-3 FAX0855-72-9504
県央事務所農業普及部大田支所
 〒694-0064 大田市大田町大田イ1-3 FAX0854-84-9712
益田事務所
 〒698-0007 益田市昭和町13-1 FAX0856-31-9608

電話は「組織、業務内容、電話番号」欄の各直通番号をご利用ください。