本文へジャンプ トップ > 健康・福祉 > 薬事・衛生・感染症 > 感染症 > 感染症情報トップ > 年報
感染症情報トップ
対象疾患一覧
疾患別
カレンダー
感染症 年報
グラフ一覧

2015(H27)年 <  2016(H28)年 年報  > 2017(H29)年
目次 I.概要 II-1.発生状況の解析と評価 II-2.定点把握疾患発生状況 III.検査情報
インフルエンザ定点 小児科定点 眼科定点 基幹病院定点
印刷用ページ (1) RSウイルス感染症 >データ表示
 2016(平成28)年(1,202件)は2015(平成27)年(1,251件)、2012(平成24)年(1,155件)に次いで、過去10年間で3番目に多かった。
 RSウイルスの迅速検査が乳児等に対する外来での検査にも保険適用になった2011(平成23)年10月以降は報告数が多い状況が続いており、今後も動向に注意する必要がある。
 2015/2016年シーズンは2015(平成27)年第34週(8月中旬)から10件以上が続き、全国的にも早い立ち上がりとなった。2015(平成27)年第38週(9月中旬81件)に早くもピークとなった後、小流行が続き、2015(平成27)年第50週(12月初旬91件)に再びピークとなった。2峰性の経過は島根県に特異であった。この後、2016年第7週以降は週当たりの件数は10件未満となった。
 2016/2017年シーズンは2016(平成28)年第33週(8月中旬)に14件となって以降、第36週(9月上旬26件)に急増し、第43週(10月下旬98件)にピークとなった。以降は漸減し、第52週(12月下旬)には10件となっている。2015年に続いて9月から10月にかけて患者が増加するパターンとなった。
 全国的にも第40週(10月上旬)にピークとなり、以降漸減するパターンとなった。
 年代別では、生後6か月までの乳児17.1%、生後7〜12か月の乳児23.6%、1歳代35.3%、2歳代15.0%であり、これらが91.4%を占めている。2008(平成20)年以降(87.8〜91.3%)同様の傾向である。

RSウイルス感染症報告グラフ
過去5年間比較
過去10年間推移
過去10年間推移
過去報告推移
島根県報告推移
地域別報告推移
年齢別報告推移
全国地域別報告推移

シーズン別の報告数合計:RSウイルス感染症
平均報告数2006年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年 2015年2016年
6871352154152735246341,1559339871,251 1,040

インフルエンザ定点
インフルエンザ
小児科定点
RSウイルス感染症
咽頭結膜熱
A群溶連菌咽頭炎
感染性胃腸炎
水痘
手足口病
伝染性紅斑
突発性発しん
百日咳
ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎
眼科定点
急性出血性結膜炎
流行性角結膜炎
基幹病院定点
細菌性髄膜炎
無菌性髄膜炎
マイコプラズマ肺炎
クラミジア肺炎
感染性胃腸炎 (ロタ)

解析と評価
発生状況
表5.指数(県)
表6.指数(地区)
表7.地区
表8.月(県)
表09-1.月(東)
表09-2.月(中)
表09-3.月(西)
表09-4.月(隠)
表10.年齢
島根県感染症情報センター