• 背景色 
  • 文字サイズ 

令和元年度毒物劇物取扱者試験の実施について

毒物及び劇物取締法(昭和25年法律第303号)の規定により、令和元年度毒物劇物取扱者試験を次のとおり実施します。

 

1.試験日時

令和元年11月26日(火)午後1時30分から午後3時30分まで

2.試験場所

松江合同庁舎講堂(2階)島根県松江市東津田町1741番地1

※今年度から浜田会場では実施しませんのでご留意ください。

3.試験の種類

(1)一般毒物劇物取扱者試験
(2)農業用品目毒物劇物取扱者試験
(3)特定品目毒物劇物取扱者試験

4.試験科目

(1)毒物及び劇物に関する法規
(2)基礎化学
(3)毒物及び劇物の性質、貯蔵、識別及び取扱方法

 ※農業用品目毒物劇物取扱者試験にあっては毒物及び劇物取締法施行規則別表第1に掲げる毒物及び劇物、特定品目毒物劇物取扱者試験にあっては同規則

 別表第2に掲げる劇物に限る。

5.受験願書の請求先

(1)島根県健康福祉部薬事衛生課(〒690-8501松江市殿町1番地)に請求すること。郵送する場合は、封筒の表に「毒劇願書請求」と朱書し、82円に相当する額の切手を貼った、宛先明記の返信用封筒(定形郵便物(外部サイト)として取り扱われるものに限る。)を同封すること。

なお、下記8.提出書類からダウンロードすることができる。

6.受験願書の受付期間

令和元年8月19日(月)から同月30日(金)まで
なお、郵送の場合は、簡易書留によること。8月30日(金)付けの消印のあるものを有効とする。

7.受験願書の提出先

島根県健康福祉部薬事衛生課へ提出すること。

8.提出書類

(1)受験願書(毒物劇物取扱者試験規程(昭和 26 年島根県告示第 200 号)第1号様式によること。)1通→受験願書(39kb)記載例(64kb)
(2)写真(出願前6月以内に撮影した正面上半身、脱帽、縦4.5センチメートル、横3.5センチメートルのもの)を貼り付け、氏名及び撮影年月日を記載した受験票(毒物劇物取扱者試験規程(昭和 26 年島根県告示第 200 号)第3号様式によること。)1通→受験票(89kb)※受験票は縦14.8cm×横10.5cmの大きさとすること(印刷に使用する用紙は日本工業規格A4とし、両面印刷した用紙を4分割する)。

9.受験手数料

10,500円に相当する額の島根県収入証紙を受験願書の正本にはり納めること。

※収入印紙ではありませんのでご留意ください。
この収入証紙には、消印しないこと。
ただし、証紙の購入が困難である場合は、株式会社ゆうちょ銀行発行の普通為替証書又は定額小為替証書により納めることができる。この場合、証書の受取人欄には、記載しないこと。
なお、納付された受験手数料は、原則として返還しない。

10.合格者の発表

令和元年12月24日(火)に島根県庁の掲示板及び島根県ホームページに合格者の受験番号を掲載するとともに、合格者には合格証を交付する。

11.その他

(1)この試験についての問合わせは、島根県健康福祉部薬事衛生課薬事・営業指導グループ(電話0852-22-5259)にすること。

(2)障がいのある者等で受験時の支援を希望する場合は、相談に応ずるので、受験願書提出時に申し出ること。

12.参考事項

(1)次に該当する者は、毒物及び劇物取締法第8条第1項の規程により毒物劇物取扱責任者となることができるので、この試験を受験する必要がありません。

ア薬剤師

イ厚生労働省令で定める学校で、応用化学に関する学課を修了した者

ウ都道府県知事が行う毒物劇物取扱者試験に合格した者

(2)次に該当する者は、この試験に合格しても毒物及び劇物取締法第8条第2項の規定により、同法第7条に規定する毒物劇物取扱責任者になることができません。

ア18歳未満の者

イ心身の障害により毒物劇物取扱責任者の業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの

ウ麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者

エ毒物若しくは劇物又は薬事に関する罪を犯し、罰金以上の刑に処せられ、その執行を終り、又は執行を受けることがなくなった日から起算して3年を経過していない者


お問い合わせ先

薬事衛生課

島根県健康福祉部薬事衛生課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務室は、第2分庁舎 別館3階にあります)
TEL:0852-22-5260
FAX:0852-22-6041
yakuji@pref.shimane.lg.jp