• 背景色 
  • 文字サイズ 

9月24日から30日は結核予防週間です。

結核予防ぼうや

結核予防週間毎年9月24日から30日までの1週間は、「結核予防週間」です。

 

 結核は、全国で年間約2万人が新たに発病し、その内の約2千人が死亡するなど、依然としてわが国最大の感染症です。しかし、「結核は過去の病気」と捉えている人も多く、受診や診断の遅れによる重症化や集団感染などに繋がっています。島根県では、“知ってますか?「結核」が、現代の病気だってコト”を今年度の標語として取り組みを行っています。

 結核は、結核患者の「セキ、クシャミ」により飛散した結核菌を吸い込むことによって感染します。結核の初期症状は、カゼの症状とよく似ています。セキやタン、微熱などが2週間以上続いていたら早めに医療機関を受診しましょう。

 また、このような症状がなくても感染している場合がありますので、職場で行う定期健康診断や65歳以上の方は市が実施する結核定期健康診断を毎年受けることが大切です。

 

浜田保健所管内(浜田市・江津市)の新規登録結核患者数
H24年 H25年 H26年 H27年 H28年
21人 15人 12人 14人 12人

 

 

浜田保健医事・難病支援課

 電話0855-29-5554

 


お問い合わせ先

浜田保健所

〒697-0041 島根県浜田市片庭町254
電話:0855-29-5537(代表)
FAX:0855-22-7009(総務保健部)/ 0855-29-5562(環境衛生部)
hamada-hc◇pref.shimane.lg.jp (◇を@にしてください)