• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成24年度病院事業会計決算の概要

1.中央病院

(1)事業概要

 ●県内全域をエリアとした三次医療を担う基幹的病院として、高度・特殊・専門医療を提供するとともに、救命救急センターとしての機能を果たしている。またドクターヘリの基地病院として、救命救急医療にも取り組んでいる。

 ●手術用モバイル型Cアーム及び集中治療病棟モニタリングシステムの増設を行うなど、医療機器の整備を進め、高度医療を担う基幹病院として更なる機能強化を図った。

 ●患者数等の状況

 診療科数:24科病床数:679床

患者状況

単位:人

H24年度

H23年度

増減

入院患者数

207,803

212,132

▲4,329

外来患者数

282,716

295,359

▲12,643

上記のうち救急患者数

24,720

26,176

▲1,456

(2)収益的収支

収益

 ●総収益は、入院収益はほぼ前年度並み、外来収益は前年度を下回り、前年度比0.2%、4千1百万円の増収

 ・入院収益:対前年度比0.0%、2百万円の増収

 ・外来収益:対前年度比▲2.6%、1億4百万円の減収

費用

 ●総費用は、給与費、経費及び減価償却費等の増により、前年度比1.7%、3億1千2百万円の増

 ・給与費:対前年度比2.4%、1億8千9百万円の増

 ・経費:対前年度比3.7%、1億7百万円の増

 ・減価償却費:対前年度比12.7%、2億1千1百万円の増

純損益

 ●純損失は3億8千4百万円で、償却前損益は15億9千3百万円の黒字

(3)資本的収支

 ●支出は、建設改良費及び企業債償還金等合わせ、34億6千1百万円

 ●収入は企業債と企業債償還金に充当する一般会計出資金等で22億1千5百万円

 ●収支不足額12億4千6百万円については、過年度分損益勘定留保資金などにより補てん

(4)貸借対照表

 ●期末現金預金残高は81億7千1百万円で、年度末に支払う退職手当等未払金となった額が前年度より低額であったため、4千9百万円の減

 別表:平成24年度中央病院決算状況(PDF115.7KB)

2.こころの医療センター

 

(1)事業概要

 ●県の精神医療の基幹的病院として精神科救急・急性期医療や児童・思春期の精神疾患治療を行っている。

 ●地域医療への支援強化という観点から、県の事業である「子どもの心の診療ネットワーク事業」の拠点病院として事業に取り組んだ。3か年事業の1年目である平成24年度は、院内の体制整備やスタッフの育成に重点を置き、思春期外来のトリアージ機能強化など拠点病院として診療機能向上を図った。

 ●患者数等の状況

 診療科目:精神科神経内科心療内科病床数:242床

 

患者状況

単位:人

H24年度

H23年度

増減

入院患者数

69,315

72,075

▲2,760

外来患者数

26,975

26,077

898

 

(2)収益的収支

 収益

 ●総収益は、平成24年9月からの院外処方の導入による医業収益の減や一般会計負担金の減により、前年度比6.2%、1億4千8百万円の減収

 ・入院収益:前年度比▲0.8%、9百万円の減収

 ・外来収益:前年度比▲20.8%、6千8百万円の減収

 ・医業外収益:前年度比▲7.7%、6千1百万円の減収

 

 費用

 ●総費用は、院外処方の導入により材料費が減少した一方、給与費や固定資産除却費が増加したことにより前年度比1.3%、3千5百万円の増

 ・給与費:前年度比8.1%、1億9百万円の増

 ・材料費:前年度比▲33.2%、8千5百万円の減

 ・その他:前年度比475%、3千8百万円の増

 

 純損益

 ●純損失は3億8千6百万円で、償却前損益は1千8百万円の赤字

 

(3)資本的収支

 ●支出は、建物年賦購入費及び企業債償還金を合わせ、1億6千9百万円

 ●収入は一般会計出資金で1億6千5百万円

 ●収支不足額4百万円については、過年度分損益勘定留保資金などにより補てん

 

(4)貸借対照表

 ●期末現金預金残高は11億6千3百万円で、年度末に支払う退職手当等未払金となった額が、前年度より高額であったため2億1百万円の増

 

 別表:平成24年度こころの医療センター決算状況(PDF103.9KB)


お問い合わせ先

病院局