• 背景色 
  • 文字サイズ 

1月6日、第9回「ことのは大賞」の表彰式が行われ、受賞者の皆さんと懇談

表彰式の様子

 

 県では、誰もが子どもに関心をもち、子どもや子育てを大切にする気運醸成を図ることを目的として、平成14年度から、子どもや子育て、家族に関する楽しさやうれしさ、感動などをひとことで表した「ことのは(言葉)」の募集を行っています。

 9回目となる今回は、全国46都道府県から3,963点の応募があり、20点が入賞作品に選ばれました。

 表彰式では、島根県知事賞に選ばれた松江市の山代朋子(やましろともこ)さん(左写真)のほか、4名、2団体の方々に賞状と記念品が授与されました。

 

懇談の様子

 

 表彰式の後、知事は受賞者の皆さんと懇談し、作品にまつわるエピソードや家族に対する思いなどをお聞きしました。

 優秀賞を受賞された東京都の佐藤さんは「祖母は数年前から顔のしわが深くなり、笑うと笑うとしわくちゃになりますが、その笑顔が大好きです」と目を輝かせながら話してくださいました。

 青少年育成島根県民会議の島田会長は、「作品を作られた皆さんはすばらしい方ばかりです。皆さんを見ていると、温かい立派な家庭の様子や社長さん以下団結して頑張っておられる社員の皆さんの様子がうかがえます。」と、感想を述べられました。

 知事は、「皆さんそれぞれに、家族への思いや感動を心豊かに表現してくれました。これからもぜひ、ご家族を大切にしてあげてください。」と話しました。

 

受賞者の皆さんと

 

(受賞者の皆さん/左から:(株)ETERNAL代表武田友香子さん、佐藤佑夏さん、神田悠貴さん、島田会長、溝口知事、山代朋子さん、廣田唯さん、田中洋子さん、出雲市立光中学校代表錦織由茉さん)

入賞作品

 

【島根県知事賞】
おばあちゃんがこどものころきょうりゅういた?(山代朋子さん/島根県松江市)

 

【青少年育成島根県民会議会長賞】
カミナリさぁんママのいうこときくからこっちにこなくていいよ(神田悠貴さん/島根県出雲市)

 

【一般の部優秀賞】
もう少し遊んどけ試験に落ちた私へ父から一言がんばれと言わない優しさに涙が溢れた(廣田唯さん/島根県雲南市)

 

【一般の部優秀賞】
四歳になる息子が言ったママのこと空みたいに好き(田中洋子さん/島根県出雲市)

 

【ジュニアの部優秀賞】
しわくちゃのしわくしゃくしゃのくしゃだけど祖母の笑顔がわたし大好き(佐藤佑夏さん/東京都)

 

【団体賞】
出雲市立光中学校(島根県出雲市)
(株)ETERNAL(兵庫県神戸市)

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

●お問い合わせ先●
島根県広聴広報課
住所:〒690-8501島根県松江市殿町1番地

電話:
広報報道グループ:0852−22−5771

県民対話室:0852−22−5770(県民ホットラインに関することは県民対話室へお問い合わせください。)

FAX:
0852−22−6025

Eメール:
kouhou@pref.shimane.lg.jp

お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025