トップ > 医療・福祉 > 薬事・衛生・感染症 > 感染症 > 感染症情報トップ > 疾患別
感染症情報トップ
対象疾患一覧
疾患別
カレンダー
感染症 週報
グラフ一覧

ヘルパンギーナ
報告基準発生推移グラフ島根県データ表示全国データ表示この疾患に関する情報

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナ:過去10年の報告数の推移(島根県)
発生状況
 ヘルパンギーナ(Herpangina)は高熱と水疱を伴う咽頭痛(herpanginaのherpはヘルペス(水疱)、anginaは咽頭痛という意味です)を主な症状とする感染症です。
 感染経路は接触感染、飛沫感染で、発生は毎年、初夏から初秋に幼児を中心に多発しますが、成人例も散見されます。
 通常一シーズンに2〜4種類のウイルスが少しずつ時期と地域をずらしながら流行し、秋まで発生がずれ込むことがあります。
 島根県でも毎年梅雨から夏にかけて流行しており、全国も同様の流行状況です。
病原体
 エンテロウイルス属のコクサッキーウイルスA2、A4、A5、A6、A8、A10型が主要原因ウイルスとなり、稀にA3、A12型も原因となります。それぞれのウイルス型は2、3年間隔で流行します。
2018年のウイルス検出状況(ヘルパンギーナの診断名で提出された検体からどんなウイルスが検出されたかがわかります)
感染経路
 患者、感染者の鼻、喉からの排泄物及び糞便に直接、間接的に接触または飛沫撒布によって感染します。 ウイルスの便への排泄は症状が治まって後も2〜3週間にわたって認められます。
潜伏期
ウイルスの推移(ヘルパンギーナ)  潜伏期は2〜7日、多くの場合は3〜4日間です。
臨床症状 (合併症も含む)
 突然の発熱と咽頭の前口蓋弓、軟口蓋、口蓋垂、扁桃にかけて赤色を伴った小さな(1〜2mm程度)水疱性丘疹を生じます。後に小さな潰瘍を形成が特色で、発症後4〜6日続きます。口腔の病変部位は、手足口病と異なり広範ではありません。
 同一シーズンに複数のウイルスが流行することから再罹患もあります。
検査室診断
 複数の原因ウイルスが関わることから、咽頭拭い液、糞便からのウイルス分離によって流行ウイルス型を決定します。
治療と予防
 治療は対症療法が主体です。有症時、有熱時の安静、十分な水分と栄養の補給を行います。
予防は手洗い、あるいは患者、感染者との接触機会を少なくします。
感染症法での取扱い
 5類感染症として、指定小児科定点からの報告により発生動向を調査しています。
 登校(登園)については、出席停止の対象ではありません。全身状態が安定していれば登校(登園)は可能です。
更新日:2018年6月14日(グラフの更新)
夏に流行しやすい感染症
ヘルパンギーナ

リンク

島根県感染症情報センター