トップ > くらし > 薬事・衛生・感染症 > 感染症対策 > 感染症情報トップ > 疾患別
感染症情報トップ
対象疾患一覧
疾患別
カレンダー
感染症 週報
グラフ一覧

前シーズンへ   2011/2012シーズン  次シーズンへ
報告基準発生推移グラフ島根県データ表示全国データ表示インフルエンザ情報
≪インフルエンザ≫

インフルエンザの入院サーベイランス
入院サーベイランスが始まりました
 2009年の新型インフルエンザの流行により、重症患者の発生を調査するために全医療機関を対象として行われてきた 「インフルエンザ重症サーベイランス」は、2011(H23)年9月5日から基幹定点に入院したインフルエンザ患者を調査する 「インフルエンザ入院サーベイランス」に移行しました。
インフルエンザで入院した患者数の調査
 従来、インフルエンザの流行状況を把握するために、
・インフルエンザ定点を受診した患者数の調査
・学校における集団発生の調査
・流行ウイルスの型を調査
が行われてきましたが、新型インフルエンザ(A2009/H1N1)の発生によりインフルエンザによる重症化が注目され、入院患者の調査が始まりました。
 その後、2011(H23)年3月末に新型インフルエンザが季節性のインフルエンザと同様の取扱いとなった事を受け、通常の感染症発生動向調査の 一部として、基幹定点に入院した患者の重症度を調査し、流行しているインフルエンザウイルスの病原性等を把握する事になりました。
基幹定点の週報
 調査は、基幹定点に入院した患者の性別・年齢の他、入院時の状況として
・ICU入室
・人工呼吸の利用
・頭部CT検査
・頭部MRI検査
・脳波検査
などの対応について毎週報告を受け、インフルエンザ定点の患者発生情報(週報)とともに、インフルエンザの流行状況として公表します。
※基幹定点
 感染症の入院患者数を調査するために、300床以上の病院(小児科と内科があること)を2次医療圏域(松江・雲南・出雲・大田・浜田・益田・隠岐)毎に1か所以上、基幹定点として指定していています。
 ・島根県の定点医療機関一覧
 ・基幹定点向けの入院サーベイランス リーフレット(PDF:850KB)
※関係通知
島根県感染症情報センター