• 背景色 
  • 文字サイズ 

新型コロナワクチンについて

新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの流行に備えましょう

この冬は、新型コロナウイルスと季節性インフルエンザが同時流行する可能性があります。

発症予防・重症化予防のため、早めのワクチン接種をご検討ください。

 


 

島根県では、新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、重症者や死亡者の発生をできる限り減らすことを目的として、新型コロナワクチン接種を希望する県民の皆さまに、速やかな接種が可能となるよう取り組んでいます。

 

接種を受けることは強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

 

【効果】

新型コロナウイルス感染症の発症や重症化を予防する効果が認められています。

多くの方に接種を受けていただくことで、重症者や死亡者を減らし、結果として医療機関の負担を減らすことが期待されます。

接種した本人だけでなく、日常的に接する家族、友人、同僚を守る効果も期待できます。

 

【副反応】

接種部位の痛み、発熱、疲労・倦怠感などが認められています。

1回目よりも2回目接種後に副反応が起こりやすい傾向があります。

まれに強いアレルギー反応が見られることがあります。

 

ワクチンを接種しても、感染したり、発症して感染を広げてしまうこともありますので、接種後においても、マスク着用や密を避ける、石けんによる手洗いや手指の消毒などの感染予防は引き続きお願いします。

 

トピックス

オミクロン株対応ワクチンについて

オミクロン株に対応したワクチンの接種を実施します。

1・2回目接種を完了した12歳以上の全ての方が対象で、最終接種から3か月以上経過している方が接種可能です。

 

詳細はこちらをご覧ください

 

【島根県の感染症対策現場のトップが解説!】オミクロン株対応ワクチンについて

動画サムネイル(外部サイト)

 

 

10月28日、丸山知事がオミクロン株対応ワクチンで4回目接種を受けました。

 

知事接種の写真

 

【知事より】

「過去2年間、年末年始の前後から感染が拡大しています。感染拡大に備え、ご自身のため、周囲の方のためにも、早めの接種をご検討ください。」

乳幼児(6か月~4歳)の接種について

乳幼児(生後6か月~4歳)の接種を実施します。

合計3回接種して接種が完了します。

1回目接種後、通常3週間あけて2回目を受け、2回目接種後、8週間あけて3回目を受けます。

 

詳細はこちらをご覧ください。

小児(5~11歳)の接種について

5歳から11歳の方について、1・2回目接種と追加(3回目)接種を行っています。

 

詳細はこちらをご覧ください

武田社ワクチン(ノババックス)の接種について

島根県では、武田社ワクチン(ノババックス)を使用した初回(1・2回目)接種と追加(3~5回目)接種を行います。

 

※令和4年11月8日より、武田社ワクチン(ノババックス)の4~5回目接種が可能となりました。

※令和4年11月8日以降に、武田社ワクチン(ノババックス)の追加接種(3回目以降)を受けた方は、現時点で、オミクロン株対応ワクチンを含め、その後の更なる追加接種はできませんのでご注意ください。

※すでに、オミクロン株対応ワクチン(ファイザー社、モデルナ社)を接種した方は接種できません。

 

※国の承認状況、ワクチン供給状況等により、接種日程の中止、延期となる場合もありますのでご承知置きください。

※新たな情報があれば随時お知らせします。

 

※接種日を追加しました。【令和4年11月22日更新】

 

接種日程、予約方法等の詳細はこちらをご覧ください。

事業所等の単位での接種について

事業所等の単位での接種をご希望でしたら、以下の相談窓口までご連絡ください。

 

島根県健康福祉部感染症対策室ワクチン接種支援グループ

Tel 0852-22-6175 6176

Mail corona-vaccine@pref.shimane.lg.jp

島根県のワクチン接種の状況等

 

(1)接種実績(11月29日時点)

 

【接種回数・接種率】

区分

1回目接種

2回目接種

3回目接種

4回目接種 5回目接種 【別掲】オミクロン株対応ワクチン分
接種回数 接種率 接種回数 接種率 接種回数 接種率 接種回数 接種率 接種回数 接種率 接種回数 接種率

県全体

552,026回

82.9%

549,681回

82.5%

470,108回

70.6% 293,084回 44.0% 32,182回 4.8% 113,480回 17.0%

※ワクチン接種記録システム(VRS)への報告を基に、デジタル庁が集計している件数を記載(令和4年4月5日掲載分より修正)

※”県全体”とは、これまで区分されていた医療従事者等・高齢者・一般の合計値を指す

※接種率の分母となる対象人口は令和4年1月1日住民基本台帳年齢階級別人口(全人口)を利用(令和4年9月6日掲載分より修正)

※接種回数はオミクロン株対応型ワクチンの接種回数を含む

※【別掲】オミクロン株対応型ワクチン分の接種回数・接種率は3回目接種から5回目接種の合計

 

 

【年代別接種率】
区分 5-11歳 12-19歳 20-29歳 30-39歳 40-49歳 50-59歳 60-64歳 65歳以上
1回目 29% 81% 87% 84% 86% 91% 91% 94%
2回目 28% 81% 86% 83% 86% 91% 91% 94%
3回目 7% 52% 59% 60% 68% 80% 86% 91%
4回目 - 8% 14% 19% 27% 41% 65% 81%
5回目 - 0% 0% 0% 1% 1% 3% 13%

※ワクチン接種記録システム(VRS)に基づく実績

※接種率の分母となる対象人口は令和4年1月1日住民基本台帳年齢階級別人口を利用(12-19歳の対象人口は推計)

※接種率の分子となる接種回数はオミクロン株対応型ワクチンの接種回数を含む

 

(2)県内での副反応疑い事例報告件数(11月29日時点):185件

 

※(1)及び(2)のいずれも毎週火曜日更新予定(火曜日が祝日の場合は、翌平日に更新する予定です)

 

 

概要・対象者

ワクチン別の概要
-

オミクロン株対応2価ワクチン

従来型ワクチン
ファイザー社 モデルナ社 ファイザー社 モデルナ社

武田社

(ノババックス)

対象年齢

12歳以上 18歳以上

12歳以上

5~11歳 生後6か月~4歳

12歳以上

12歳以上

※3回目以降は18歳以上

1・2回目 - -

21日間隔で2回

21日間隔で2回 20日の間隔をおいて2回注射した後、55日以上の間隔をおいて1回注射(計3回)

28日間隔で2回

21日間隔で2回

3回目

最終接種から3か月以上

※1人1回のみ

- 2回接種完了から5か月以上 -

最終接種から6か月以上

※1人1回のみ

4回目 - - - -
5回目 - - - -

 

接種会場

お住まい(住民票上)の市町の医療機関や市町が設ける接種会場でワクチン接種が可能です。

詳しくは各自治体のホームページや広報誌等をご確認ください。

また、職域接種として企業等が接種会場を設ける場合があります。

厚生労働省の新型コロナワクチン接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」内では、一部の自治体において接種会場一覧が記載されています。

コロナワクチンナビ(島根県内の市町村一覧ページ)(外部サイト)

 

 

接種費用

無料(全額公費)で行います。

(接種会場等までの交通費等は自己負担となります。)

 

 

新型コロナワクチンについてのQ&A

厚生労働省のホームページにて、新型コロナワクチンに関する疑問への回答が掲載されています。

厚生労働省「新型コロナワクチンについてのQ&A」(外部サイト)

 

今までに国に報告された新型コロナワクチンの副反応疑い報告の情報はこちらに掲載されています。

厚生労働省新型コロナワクチンの副反応疑い報告について(外部サイト)

 

厚生労働省厚生科学審議会(予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会)(外部サイト)

 

各種相談窓口

ワクチン接種の受け方や接種会場に関するご相談

お住まいの市町村相談窓口へご相談ください。

※厚生労働省の新型コロナワクチン接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」内に各自治体のコールセンターや相談窓口の電話番号が掲載されています。

コロナワクチンナビ(島根県内の市町村一覧ページ)(外部サイト)

 

ワクチン接種後の副反応等に関するご相談

下記のリンク先ページにコールセンターの電話番号番号一覧を掲載しています。

しまね新型コロナウイルス感染症健康相談コールセンター電話番号一覧のページへ

 

人権侵害を受けた場合のご相談

人権啓発推進センター相談窓口

松江 0852-22-7704

浜田 0855-29-5530(平日午前8時30分~午後5時15分まで)

島根県人権啓発推進センターのページへ

 

 

外国人の方へ

厚生労働省のホームページにて、予診票やファイザー社の新型コロナワクチンの説明書、接種のお知らせが多言語に翻訳されています。

※16言語対応:英語、アラビア語、中国語(簡体字・繁体字)、フランス語、インドネシア語、クメール語、韓国語、モンゴル語、ミャンマー語、ネパール語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、タガログ語、タイ語、ベトナム語

厚生労働省「外国語の新型コロナワクチンの予診票等」(外部サイト)

 

 

各種資料

YouTube内の島根県公式チャンネル「しまねっこCH」にて、新型コロナワクチンについて説明しています。

 

【島根県の感染症対策現場のトップが解説!】新型コロナワクチンについて

 

【メリット編】

動画・メリット編(外部サイト)

 

【リスク編】

動画・リスク編(外部サイト)

 

【島根県からのお願い編】

動画・島根県からのお願い編(外部サイト)

 

【交互接種編】

動画・交互接種編(外部サイト)

 

 

厚生労働省が作成しているチラシです。

厚生労働省のチラシはこちら(外部サイト)

 

 

その他お知らせ

※詐欺にご注意※

  • 保健所などの県の機関が、ワクチン接種のために費用負担を求めることはありません。
    「お金を振り込めば、優先接種できる」等の不審な電話やメールにご注意ください。
  • 保健所などの県の機関が、電話やメールで個人情報を求めることはありません。
    お住まい(住民票上)の市町村から「接種券」「新型コロナワクチン接種のお知らせ」をお届けする予定です。
  • 個人情報を聞き出す不審な電話やメールにご注意ください。

便乗悪質商法の注意喚起!(外部サイト)

 

 【相談窓口】

  • 国民生活センター新型コロナワクチン詐欺消費者ホットライン0120-797-188
  • 消費者ホットライン(局番なし)188(最寄りの消費者センター等消費生活相談窓口へつながります)
  • 警察相談専用電話#9110

 

医療機関及び関係団体向け情報

【医療機関向け】新型コロナワクチン個別接種促進のための事業

県では、新型コロナウイルスワクチンの個別接種を行う医療機関を対象とした支援を行っています。

申請方法など、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

【医療機関向け】新型コロナワクチン接種体制支援事業(小児接種体制支援)

県では、小児を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を行う医療機関を対象とした支援を行っています。

申請方法など、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

リンク集


お問い合わせ先

感染症対策室