• 背景色 
  • 文字サイズ 

アスベスト使用実態調査のフォローアップ調査について

 社会福祉施設等における吹付けアスベスト対策について、平成28年度に行った使用実態調査のフォローアップ調査を実施いたしますので、調査にご協力くださいますようお願いいたします。

 

調査対象施設

 障がい児者関係の調査対象施設は以下のとおりです。

障害福祉サービス事業所(療養介護、生活介護、自立訓練、就労移行支援又は就労継続支援に限る。)

障害者支援施設

居宅介護事業所(重度訪問介護、同行援護、行動援護を含む。)

短期入所事業所

5就労定着支援事業所

6自立生活援助事業所

7共同生活援助事業所

8相談支援事業所

9補装具製作施設

10盲導犬訓練施設

11点字図書館

12聴覚障害者情報提供施設

13児童発達支援事業所

14放課後等デイサービス事業所

15障害児入所施設

16児童発達支援センター

17居宅訪問型児童発達支援事業所

18保育所等訪問支援事業所

19障害児相談支援事業所

20福祉ホーム

 

 

調査対象建築物

 平成18年9月1日以後に新築の工事に着手した建築物を除く全ての建築物その他の工作物

 

調査方法

 調査表に記入のうえ、FAXにてご提出ください。

(1)調査表(Excel)

 (様式1‐1)施設個表・・・施設毎に提出(複数ある場合は複数回答用のシートで一括回答可)。アスベストの使用の有無の確認等について記入

 (様式1‐2)施設個表・・・(様式1‐1)において、「ばく露のおそれのある施設」に該当した場合に提出。アスベストが使用されている場所等を記入

 

(2)調査時点

 平成30年12月1日(土)

 

(3)調査表提出期限

 平成31年1月18日(金)

 

(4)提出先

 島根県健康福祉部障がい福祉課自立支援給付グループ

 FA0852‐22‐6687

(TEL0852-22-5723)

 

調査実施要領等

 調査対象建材、調査対象建材の特定方法、調査実施の留意点、調査表の作成要領等の詳細については、以下の資料をご覧ください。

 社会福祉施設等における吹付けアスベスト等及びアスベスト含有保温材等使用実態調査のフォローアップ調査実施要領

 ※厚生労働省事務連絡、調査実施要領、(別紙1)調査対象施設種別、(別紙2)石綿含有建材品目例、

 (別紙3)労働基準局安全衛生部通知、(別紙4)煙突用断熱材の留意事項

 

 参考資料)社会福祉施設等におけるアスベスト使用実態調査について

 ※平成28年度調査時の参考資料です。

 6ページ目の調査時点を平成30年12月1日と読み替えてください。


お問い合わせ先

障がい福祉課

〒690-8501 島根県松江市殿町2番地(第二分庁舎1階)
Tel:0852-22-6526,Fax:0852-22-6687
E-mail syougai@pref.shimane.lg.jp