• 背景色 
  • 文字サイズ 

シマネスクくにびき学園

くにびき学園の見直しについて

「シマネスクくにびき学園」は、平成元年の開校から30年を迎えました。

人生100年時代といわれる中、地域を取り巻く状況やシニア世代のニーズも大きく変化してきました。

そこで、学園を運営する島根県社会福祉協議会では、平成30年度後半から31年度にかけて、学識者等による検討会でプログラム全体の見直し検討を行うこととされました。

ついては、平成31年度の入学生募集は行われないこととなりました。

現時点では、平成32年度からの募集再開を予定しています。

 

学園の概要

 

 くにびき学園は、島根県社会福祉協議会が運営する、60歳以上の方の学びの場です。
 本学園の教育課程は総合講座と専門講座で構成しています。
 2年間の修学期間中に講義・実習・実技・校外学習・学友会行事など多彩な講座を通して、幅広い知識や専門的な技術を習得するほか、学科・学年を超えた新たな仲間を得ることにより、卒業後に地域活動に取り組んでいただく人材の養成を目的としています。

 

 平成元年の「東部校」、翌2年の「西部校」開校以来、両校で計3,900名を超える卒業生が、それぞれの地域で活躍しています。

 

 

運営主体及び学園の所在地

(1)運営主体

社会福祉法人島根県社会福祉協議会

(2)所在地

東部松江市東津田町1741番地いきいきプラザ島根内

西部浜田市野原町1826番地いわみーる内

 

修学期間

 2年間(学年度は毎年4月から翌年3月まで)

 登校は週1回、年40日程度(夏季、年末年始、3月下旬は休校)

 

入学定員

【東部校】

社会文化25名、園芸25名、陶芸25名、健康福祉25合計100名

【西部校】

社会文化20名、園芸20名、陶芸20名、健康福祉20合計80名

 

入学資格

  • 島根県内に在住する満60歳以上の方
  • 健康で学習に熱意があり、かつ地域活動に意欲のある方
  • くにびき学園を過去に卒業していない方

 

授業料等

(1)入学10,000円

(2)授業年額18,000円(半年ごとの分割納付も可能です)

(3)授業に係る諸経費

  • 全学講義資料の印刷2,000円〜3,000円程度(年額)
  • 社会文化校外学習の交通費・入館料等
  • 園芸園芸実習に係る経費(肥料代、苗代等)、校外学習の交通費・入館料等
  • 陶芸作陶実習に係る経費(陶土代、釉薬代、窯の使用料等)
  • 健康福祉調理実習、救急法講習等に係る経費

(4)傷害保険年間1,200円程度

(5)その他の経費(学友会が計画し、必要額を決定・徴収します。)

  • 1・2年生交流会経
  • 学生自治会
  • 研修旅行経

 

学習内容

 

「総合講座」と「専門講座」で構成し、卒業後の地域活動につなげていきます。

 

総合講座(全員受講、年間20日)

幅広い分野の学習と仲間づくりを通して、地域活動への参加意欲を高めます。

(1)これからの暮らしと社会を考える

  • 身近な暮らしの話題

 高齢期の健康や住まいの工夫、相続、消費者被害など

  • 社会的な課題

 人権、多文化共生など

  • 地域の歴史や文化

(2)地域活動の魅力を学ぶ

 まちづくり、災害時の助け合い、環境問題、子育て支援など様々なテーマについて班別学習を行い、地域活動の考え方やノウハウを学びます。

(3)仲間づくり

 1・2年生交流会、スポーツ大会、学園祭などの行事運営を通して、学科、学年を越えた仲間づくりを図ります。

 

専門講座(以下から1つの学科を選択、年間20日)

専門的技術・知識を学ぶとともに、地域活動に活かす方法を体験学習を通して学びます。

【社会文化科】

  • 身近な出雲・石見地方の歴史、民俗、文化、芸術、宗教などについて、講義だけでなく現地見学も交えて学びます。

【園芸科】

  • 草花、野菜、果樹、庭の手入れなどについて、基礎的な知識や技術を、実習を交えて学びます。庭園見学なども行います。

【陶芸科】

  • 陶芸についての基礎的な知識や技術を学び、様々な陶器を作製します。窯元見学なども行います。

【健康福祉科】

  • 福祉や健康についての基礎的な知識や、レクリエーション、介護の基礎技術などを実習や演習を中心に学びます。福祉施設での体験学習なども行います。

 

各種活動

  • 学友会活動

学生主体の活動を通し、学生相互の親睦を図ります。楽しい学園生活を送るため、学び合いと協力で全員が役割を分担します。

【活動内容】

 1・2年生交流会、スポーツ大会、学園祭、研修旅行、機関紙・卒業記念誌の発行など

  • 学級活動

クラスごとに学級委員を選出します。当番制で授業の補助活動を協力して行い、同期生としての連帯感と信頼関係を築きます。

  • 同好会、クラブ活動(任意)

自主運営の課外活動です。卒業後も引き続き活動を続けられます。

【同好会、クラブ】

 グラウンド・ゴルフ、美術、エコクラブ、スポンジテニス、パソコン、マジック、料理、社交ダンス、詩吟、書道、大正琴、川柳など

 

学園のようす

 

 くにびき学園ホームページでは、東部校、西部校それぞれの学園のようす(交流会や学園祭などの行事や在校生・卒業生の活動など)をご紹介しています。

 

 

 

くにびき学園同窓ネットワーク

 

 「くにびき学園同窓ネットワーク」は、くにびき学園卒業生の情報交換や地域活動を支援する場として、平成25年10月に開所しました。

 在校生及び卒業生の方々が、豊富な経験と学園で学んだ知識や技術を活かし、ともに学んだ仲間とともに、いきいきと地域に根ざした活動をしておられます。

 

【くにびき学園同窓ネットワーク】

  • 住所

 〒690−0011

 松江市東津田町1741−いきいきプラザ島根4くにびき学園東部校事務室内

  • 電話

 0852−61−6001

  • ファックス

 0852−61−6002

  • 開設日・時間

 毎週水曜10時〜14時

 ただし、年末年始、お盆及び学園行事日等は休みます。


くにびき学園同窓ネットワークリーフレット「改訂版」(PDF4.1MB)

 

お問い合わせ先

 

■学園本部・東部校
 〒690−001松江市東津田町1741番地3(いきいきプラザ島根5階TEL0852−32−5981
 (島根県社会福祉協議地域福祉長寿社会振興係)
■西部校事務局
 〒697−001浜田市野原町1826番地1(いわみーる2階TEL0855−24−9336
 (島根県社会福祉協議石見支所)

 



お問い合わせ先

高齢者福祉課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5111(代)
FAX:0852-22-5238
kourei@pref.shimane.lg.jp