• 背景色 
  • 文字サイズ 

野島要子(のじまようこ)氏、野島志郎(のじましろう)氏

 

野島夫妻

 

家庭に在っては終始一貫相和し仲良く厨房等も活用。

二人揃って旅行に行き、見聞を広められることが仲間作りへの原動力になっている。

 

野島要子氏

○定年退職後、農業に携わりながら趣味(縁側茶、セラバンド)を活かし、地域の文化活動に積極的に参加。
≪セラバンドとは≫
医療機関のリハビリ用として活用されていた、天然ゴム製のバンド。リハビリや筋トレに使用するもの。

 

○自治会のミニサロン、地域交流センターの諸行事、寿会等に夫婦揃って参加。

 

○平成25年頃から、地域寿会役員として積極的に参加し活動の中心的な立場として活躍。

野島志郎氏

○定年退職後、農業に携わりながら趣味(詩吟)を活かし、地域の文化活動に積極的に参加。

 

○自治会のミニサロン、地域交流センターの諸行事、寿会等に夫婦揃って参加。

 

○平成20年頃から地域の活動家としてお互いの立場を理解しながら積極的に参加。とりわけ若い活動世代の少ない寿会に於いて貴重な存在。

 

 


お問い合わせ先

しまね暮らし推進課

 【お問い合わせ先】
  島根県地域振興部しまね暮らし推進課
  〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
    TEL(0852)22-6453・5065・5687
    FAX(0852)22-5761
    E-mail: shimanegurashi@pref.shimane.lg.jp