• 背景色 
  • 文字サイズ 

田中邦子(たなかくにこ)氏、田中俊■(目へんに希)(たなかとしき)氏

田中夫妻

 

○石見根付の技法の再現、継承
明治時代以降廃れた石見根付を独学で研究し、現代によみがえらせた第一人者。
ふるさと学習の一環として小学校での体験活動などを実施。

 

≪根付(ねつけ)≫
江戸時代に印籠やたばこ入れなどを、着物の帯から紐でつるして持ち歩く際に用いた留め具。材質は黒檀、象牙など。※石見根付は、いのししの牙を代表的な素材として使用した作品。


○「石もひと役運動」を提唱
身近な石を使って町おこしを進めようと1995年に実行委員会を組織し、活動開始。
保育所、幼稚園、小学校において恒例の活動となっている。
著名人が江津を訪れた際には石を持参し、制作を依頼するなどの行動力もある。
町内外で「石もひと役」展を開催し、来場者を楽しませている。

 

○平成19年に「第30回記念日本の象牙彫刻展」に出品した石見根付作品で高円宮賞を受賞

 これにより市民の中でも石見根付への興味が高り、また郷土に誇れる文化芸術として広く認識されるようになった。また昭和54年に木寿会(木彫り愛好家グループ)の立ち上げ、5年ごとに彫刻展を開催し、来場者からの注目を集めている。

 

 


お問い合わせ先

しまね暮らし推進課

 【お問い合わせ先】
  島根県地域振興部しまね暮らし推進課
  〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
    TEL(0852)22-6453・5065・5687
    FAX(0852)22-5761
    E-mail: shimanegurashi@pref.shimane.lg.jp