• 背景色 
  • 文字サイズ 

十神山のカゴノキ

 安来港の入り口で船を迎えるように標高92mの神秘的な山があります。「安来千軒名の出たところ社日桜に十神山」と安来節に唄われている十神山です。安来港に面した道路から遠めに眺めることはあっても、散策する方は意外と少ないのではないでしょうか。実は磯に沿って素敵な遊歩道が整備され地元の方のお散歩コースとなっています。中間地点にはなぎさ公園として整備された砂浜海岸があり、キャンプ場(外部サイト)も整備されておりシャワー室以外は無料で利用できるそうです。

 

 この十神山の森で目に付く、木の肌がまだら模様になっているカゴノキ。幹は樹皮が点々と剥がれ、そのあとが白くて鹿の子模様となっていることからカゴノキ(鹿子の木)の名があるそうです。このカゴノキ、松江城山や鰐淵寺など県内各地の森で時々見かけるのですが、ここ十神山では山の上から海岸沿いまで、いたるところにあるので不思議な感じがします。9月の終わりにはキンモクセイのようなクリーム色の花を咲かせているのを見つけ感動しました。花はなくても、めったに見ないカゴノキを見るだけで、なぜか得した気分になります。

 

 安来駅から歩いて10分。山頂までも15分ほどでしょうか。海岸歩道を行くもよし。森を歩くもよし。カゴノキを探しにちょっと出かけてみませんか。

(りびえーる掲載日平成21年2月22日)


 カゴノキ地図画像

 カゴノキと十神山の地図

 


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp