• 背景色 
  • 文字サイズ 

御来光登山(朝日山)

 今年も残すところ数日、いつもと違った年明けを迎えたいというあなた、御来光登山はいかがでしょう。御来光登山で真っ先に思い浮かべるのは富士山ですが、身近でありながらも十分に堪能できる御来光スポットの一つ「松江市朝日山」をご紹介します。とは言うものの、専ら布団の中で新年を迎えている筆者なので、この度決意も新たに出掛けてみました。

 

 朝6時を回っても外は真っ暗。松江市東長江にある朝日寺登り口から、懐中電灯片手にひとり登りました。登山道からは、松江市街の明かりと早朝通勤と思われる自動車のライト、そして宍道湖の漁船の明かり、言わば朝の夜景を眼下に見ることができました。この日は天気もよく、美しい御来光への期待も膨らみます。朝日寺で手を合わせた後に山頂へ。駐車場から30分ほどで到着した山頂では、すでに空の色が変わりつつあります。

 

 白みがかった東の空は、山際から徐々に赤みがかり、文字どおり桃色の空がゆっくりと広がっていきます。

 はやる気持ちとは裏腹に朝日はその姿をなかなか見せてくれません。日の出予定時刻を回ったころ、やっとその姿を見せはじめたのです。驚きなのは、その輪郭の鮮やかさと、昇る速さ。みるみるその全貌を見せ、目を細めるほどの光で山肌を照らしはじめました。筆者もたっぷりと光をいただきました。

 

 島根県における元旦の日の出は7時16分から19分頃。早朝の登山に照明器具は必携です。

 気になるのは元旦のお天気です。しかし、雲に隠れて運悪く御来光を拝むことができなくても、山頂で新年の空気を胸いっぱい吸い込むだけで十分新鮮な気持ちになれるはずです。新たな気持ちで山を下り、帰ってお雑煮をいただくとしますか。

 

(※朝日山へは、長江側から以外にも鹿島側から登山できます。鹿島側入口にも駐車場が整備されています。)

 

 朝日山自然観察モデルコース

(りびえーる掲載日平成20年12月28日)


朝日山

御来光

 朝日山から朝日を望む(松江市)

 


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp