• 背景色 
  • 文字サイズ 

中国自然歩道「石見銀山コース」

 

石見銀山コース

 先月「石見銀山遺跡とその文化的景観」が世界遺産に登録されました!

 石見銀山といえば、龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)や代官所跡などが有名ですが、更に魅力を探るコースをご紹介しましょう。

 

 当時、銀や生活物資を運んだ道「石見銀山街道」のひとつ「温泉津沖泊道」に沿って、大森町から温泉津港まで続く「中国自然歩道」です。

 

 この道は、大森町の代官所跡から始まり、古い町並みを抜け、「龍源寺間歩」を通り過ぎたあたりから山道へと入ります。

 

 この先の峠を、「降露坂(ごうろざか)」と呼びます。道端の草花を観察したり、野鳥の声に耳を傾けたりしながら、ゆっくりと登りましょう。

 

 温泉津町の清水集落には「金柄杓(かなびしゃく)井戸」があります。ここの湧き水は「島根の名水百選」にも選定されていますので、乾いた喉を潤してください。

 

 さらに進むと、苔むした石畳や「松山の道標」があり、当時の面影を感じることができます。

 

 銀の街と海を結ぶ街道は、当時多くの人が行き来したのでしょう。そんな時代に思いをはせながら、ゆっくりとお楽しみください。

 

 全長約15km(約5時間)の山道です。時間に余裕を持ち、山歩きのできる服装と靴で、水筒とお弁当もお忘れなく。

 

※途中、車道や町並みを通る区間は案内標識に従って進んでください。

 

 

 石見銀山は、環境配慮型の鉱山運営がなされていたそうです。石見銀山へお越しの際は、環境に配慮してお楽しみください。

 

石見銀山街道写真地図画像

 石見銀山街道と地図

 

 島根県の中国自然歩道は、全12コースからなっています。

 今回ご紹介いたしました「石見銀山コース」をはじめ、特に見所の多い区間をご紹介していますので、併せてご覧ください。

 →島根県の中国自然歩道

 中国自然歩道コース紹介

 

 石見銀山に関する情報や各種リンクはこちらをご覧ください。

 →石見銀山のページ

 

 

 石見銀山周辺には、自然の魅力に触れあえる「三瓶自然館サヒメル」や縄文時代の埋没林を発掘したままの状態で見ることのできる「埋没林公園」などがあります。是非地域全体をお楽しみください。

 →公益財団法人しまね自然と環境財団(外部サイト)

 

 

 りびえーる平成19年8月26日掲載

 


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp